芸能

菅田将暉、引っ張りだこ状態の一方で注目され始めた“弟”の「マルチな活躍」

 先ごろ、俳優・菅田将暉の楽曲「まちがいさがし」(2019年に配信を開始)が、オリコンストリーミングランキングで“100週連続TOP100入り”を記録。ソロアーティストによる“100週連続”達成は、あいみょんの「ハルノヒ」以来で、ソロアーティストでは史上2人目、男性ソロアーティストとして史上初だという。

 音楽、俳優ともに絶好調の菅田。音楽のほうは17年に「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビュー。18年の「さよならエレジー」はLINE MUSICで年間1位。19年 の「まちがいさがし」ではレコ大特別賞受賞、紅白出場を果たしている。

 俳優としては09年9月、「仮面ライダーW」(テレビ朝日系)で連ドラ初出演、初主演。 以降、活躍が続き、今年1月公開の映画「花束みたいな恋をした」はすでに興行収入35億円超を記録し、今年の日本の実写映画では1位。今年の主演映画があと3本控えている。 現在、放送中のドラマ「コントが始まる」(日本テレビ系)も数字はイマイチながら、お笑い芸人、業界人からの注目度が高い。

「今年公開の映画主演が4本もある背景には、来年にNHK大河『鎌倉殿の13人』に源義経役で出演するため、その前の“駆け込み需要”の側面があると言われています」(エンタメ誌ライター)

 そんな超売れっ子の菅田だが、最近、とみに注目され始めたのが、実の弟の菅生新樹。関西を中心とする買取サービス会社「エコリング」の新CMに出演中。見た目はちょっと菅田に似ているが、動きや台詞回しは若干素人っぽい印象だ。

「現在、東京在住の大学4年生。事務所には所属していない一般人です。とはいえ、モデル業や、友人とアパレルブランドを立ち上げたりしているとか。今後は俳優にも興味を持っており、いずれ将暉との共演もあるかもしれません」(前出・エンタメ誌ライター)

 このところ芸能界では、広瀬すず・アリス、上白石萌音・萌歌、松田龍平・翔太、石田ゆり子・ひかりなど、兄弟姉妹で活躍するケースが目立つ。そのうち“菅田兄弟”もこの一角を占めることになるのではないか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!