芸能

禁断!〈歌番組の放送事故〉一挙公開!<Mステ、その他篇>タモリが「あいつら逃げやがった」憤慨コンビ

 歌番組にまつわる「禁断のエピソード」は尽きない。意外な事実を一挙に乱れ打ち!

 現在も続く歌番組として最古参になったのが、テレビ朝日の「ミュージックステーション」(86年開始)だ。通称「Mステ」では、タモリが「史上最大」と呼ぶ事件があった。

 03年6月27日、ロシア出身で日本でもブレイクしていた「t.A.T.u」の出演が目玉だったが、オープニングの顔見せに登場したあと、歌の出番になっても登場せず。

「えー、t.A.T.uが出たくねえということです。控え室から出てこないということです」

 司会のタモリが冗談交じりに説明。控えにいた出演者たちは、むしろこの事態を拍手で楽しんでいた。また、11年の25周年特番では、浜崎あゆみ(42)が出演をドタキャン。

「スタッフが帰りの搭乗チケットを間違えた」

 浜崎は責任をなすりつけたものの、どうやら大トリの座をAKB48に奪われたことに我慢がならなかったらしい。

 NHKの「レッツゴーヤング」(74~86年)では、厳密にはオンエア中の事故ではないが、その直前に悲劇が起きる。81年10月5日、河合奈保子(57)のリハーサルで、4メートルもNHKホールのセリから落下してしまう。

 当時、奈保子と同期の田原俊彦と松田聖子が司会に加わっていたが、その目の前で視界から消えたことになる。奈保子は第一腰椎圧迫骨折で2カ月の療養を強いられたが、同年大みそかに初出場した紅白の舞台もまた、NHKホールであった。

 TBSの「ザ・ベストテン」に対抗し、日本テレビが始めた「ザ・トップテン」(81~86年)もまた、迷場面が多い。音楽ライターが振り返る。

「83年3月28日に沖縄から中継予定だった松田聖子(59)は同日、現地で暴漢に襲われていたと番組で発表。知らされていなかった司会陣と客席からは、悲鳴が上がりました。また、同年の11月28日に『瞳はダイアモンド』が10曲目のランクインでも、お祝いしようとしたところに暴漢が乱入。司会の堺正章が払いのけましたが、会場には緊迫した空気が流れました」

 中森明菜は常連の出演者だが、84年10月22日、「十戒」でランクインしたものの、一部の観客から「帰れコール」が起こってしまう。

 さらに災難は続き、88年3月28日には、歌っている明菜に近づいた男がノートを投げつけ、警備員に取り押さえられたことも。

「84年8月6日に『ふたりの愛ランド』が大ヒットしていた石川優子とチャゲが出演しましたが、ここでセットに本物のペンギンがいたんです。チャゲはドライアイスで滑ってしまい、ぶつかったペンギンに腕を噛まれるという、災難に遭いました」(音楽ライター)

 フジテレビの深夜番組「オールナイトフジ」(83~91年)では、生ライブのコーナーがあったが、深夜帯だったためハプニングは数えきれないほど。

萩原健一(享年68)は、ゲストでありながら全く歌う気がなく、司会の片岡鶴太郎のズボンを脱がすことに躍起になっていました。歌手で登場した石田えり(60)は、黒の下着という悩ましい姿で歌いましたが、勢い余って引っくり返ってしまい、あわや見えてはいけないものが見えそうになった」(放送作家)

 そしてレギュラーだったとんねるずは「一気!」を歌いながら、撮影カメラを倒してしまう。実に1500万円もの損害を与えてしまったが、同時に大ブレイクのきっかけともなった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ