芸能

禁断!〈歌番組の放送事故〉一挙公開!<Mステ、その他篇>タモリが「あいつら逃げやがった」憤慨コンビ

 歌番組にまつわる「禁断のエピソード」は尽きない。意外な事実を一挙に乱れ打ち!

 現在も続く歌番組として最古参になったのが、テレビ朝日の「ミュージックステーション」(86年開始)だ。通称「Mステ」では、タモリが「史上最大」と呼ぶ事件があった。

 03年6月27日、ロシア出身で日本でもブレイクしていた「t.A.T.u」の出演が目玉だったが、オープニングの顔見せに登場したあと、歌の出番になっても登場せず。

「えー、t.A.T.uが出たくねえということです。控え室から出てこないということです」

 司会のタモリが冗談交じりに説明。控えにいた出演者たちは、むしろこの事態を拍手で楽しんでいた。また、11年の25周年特番では、浜崎あゆみ(42)が出演をドタキャン。

「スタッフが帰りの搭乗チケットを間違えた」

 浜崎は責任をなすりつけたものの、どうやら大トリの座をAKB48に奪われたことに我慢がならなかったらしい。

 NHKの「レッツゴーヤング」(74~86年)では、厳密にはオンエア中の事故ではないが、その直前に悲劇が起きる。81年10月5日、河合奈保子(57)のリハーサルで、4メートルもNHKホールのセリから落下してしまう。

 当時、奈保子と同期の田原俊彦と松田聖子が司会に加わっていたが、その目の前で視界から消えたことになる。奈保子は第一腰椎圧迫骨折で2カ月の療養を強いられたが、同年大みそかに初出場した紅白の舞台もまた、NHKホールであった。

 TBSの「ザ・ベストテン」に対抗し、日本テレビが始めた「ザ・トップテン」(81~86年)もまた、迷場面が多い。音楽ライターが振り返る。

「83年3月28日に沖縄から中継予定だった松田聖子(59)は同日、現地で暴漢に襲われていたと番組で発表。知らされていなかった司会陣と客席からは、悲鳴が上がりました。また、同年の11月28日に『瞳はダイアモンド』が10曲目のランクインでも、お祝いしようとしたところに暴漢が乱入。司会の堺正章が払いのけましたが、会場には緊迫した空気が流れました」

 中森明菜は常連の出演者だが、84年10月22日、「十戒」でランクインしたものの、一部の観客から「帰れコール」が起こってしまう。

 さらに災難は続き、88年3月28日には、歌っている明菜に近づいた男がノートを投げつけ、警備員に取り押さえられたことも。

「84年8月6日に『ふたりの愛ランド』が大ヒットしていた石川優子とチャゲが出演しましたが、ここでセットに本物のペンギンがいたんです。チャゲはドライアイスで滑ってしまい、ぶつかったペンギンに腕を噛まれるという、災難に遭いました」(音楽ライター)

 フジテレビの深夜番組「オールナイトフジ」(83~91年)では、生ライブのコーナーがあったが、深夜帯だったためハプニングは数えきれないほど。

萩原健一(享年68)は、ゲストでありながら全く歌う気がなく、司会の片岡鶴太郎のズボンを脱がすことに躍起になっていました。歌手で登場した石田えり(60)は、黒の下着という悩ましい姿で歌いましたが、勢い余って引っくり返ってしまい、あわや見えてはいけないものが見えそうになった」(放送作家)

 そしてレギュラーだったとんねるずは「一気!」を歌いながら、撮影カメラを倒してしまう。実に1500万円もの損害を与えてしまったが、同時に大ブレイクのきっかけともなった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!