スポーツ

「いい頭にしてこい!」原辰徳に叱責&ジョークの洗礼浴びた巨人OBが動画放談

 埼玉県ふじみ野市の東武東上線・上福岡駅近くのうどん店「讃岐うどん 條辺」の店主は、1999年ドラフト5位で入団した巨人に、2000年から05年まで籍を置いた元プロ野球選手・條辺剛氏である。02年は中継ぎとして安定感のある投球を見せ、長嶋茂雄監督の後を受けた、原辰徳監督第1次政権1年目のリーグ優勝、さらには日本一に貢献する活躍ぶりだった。しかし、肩の故障から、24歳で引退。同郷(徳島県阿南市)の先輩であり、投手コーチとして世話にもなった水野雄仁氏の勧めで「うどん」修業に入り、08年の開業に至っている。

 その條辺氏が、巨人でも活躍した元プロ野球選手・大久保博元氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に出演。当時、ヘッドコーチを務めていた原辰徳氏から叱責を受けたという、やらかしてしまった過去を明かした。

 同チャンネルの6月10日付け投稿回〈第二話【超恐い…】原ヘッドからの指摘〉を観ると、巨人のルールに「パーマは禁止」とはなっていなかったとの解釈から、1年目のシーズン終了後の秋季キャンプに、パーマを頭にあてて臨んだ條辺氏。すると、ミーティング中に全選手の前で「明日までにお前の考える“いい頭”にしてこい!」と原ヘッドから独特の言いまわしで注意を受けた。「いい頭って何スかね?」と仲間に相談すると、「それはウイーンだろ」とバリカンで頭を剃る仕草を見せられ、実際に頭を丸めてブルペンで投げ込むと、「いいじゃないか!2、3キロ(球が)速くなってるぞ!」と原ヘッドはジョーク交じりにご満悦だったのだとか。

 徳島から上京したばかりの高卒ルーキーの若気の至りであった今回のエピソード。原監督はこの件を覚えているだろうか?原監督と交流のある大久保氏に、聞いてみて頂きたいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」