芸能

“隠れ武闘派”カジサック、先輩芸人にも喧嘩売った!?/坂下Dの「地獄耳」芸能

 YouTuberのカジサックとして、飛ぶ鳥を落とす勢いのキングコング・梶原雄太。一見、とても温厚に見えるが、実は”ケンカっ早い”ようだ。かつて8歳も年上のケンドーコバヤシを挑発したことがある。スタッフと3人で会議室が開くのを待っていた時のことだ。

「楽屋で寝てたカジがムクッて起きて。で、なんか軽くシャドーみたいなん始めて。で、寄ってきてさ。『コバさんって、何やってたんですか?』って。『オレなぁ、小学校から高校まで空手やってて。あと部活で柔道やなぁ』みたいな。『へぇ、何帯っすか?』『両方黒帯や』って。『(それでも)絶対、ケンカしたらオレのほうが強いわ』って言い出したのよ」

と、コバヤシは憤る。

 かなり年下の後輩だけに、コバヤシも冷静に対処しようとこらえたが、梶原がさらに、「絶対、オレのほうが強いと思うんですけどね」と、しつこいから収まりが効かなくなった。

「“チッ、こいつ、何や”って思って。『オレ、ボクシングやってたんで、スピードについてこれないでしょ』って。『ああ、お前、すばしっこいもんな』って。『いつでもやったってもいいですけど』って言うてん。オレ、その瞬間、キレてもうて、自分でも思い出しても怖いねんけど、パッと立ち上がって、パイプイス取ったのよ」

 とは、コバヤシの言だ。結局、女性スタッフが「カジ、あんた、いい加減にしぃや。いいから、向こう行き」と注意し、コトなきを得たという。梶原は「すみません、なんかダメでした?」と最後までも挑発的だったそうだ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYoutTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!