芸能

新3大「○○女子アナ」2021改訂版(1)ベールを脱いだテレ朝・安藤萌々のFカップ

 夏目三久の結婚と引退が発表されるや、カトパンは玉の輿婚、ユミパンも局内婚‥‥。上半期は大物アナの結婚ラッシュに揺れたが、春の番組改編では若手アナが台頭。女子アナ界は一気に新旧交代の潮目を迎えている。各ジャンルでしのぎを削る「3大アナ」にも新しい風が吹き始めていた‥‥。

 女子アナ界の巨星、いや巨乳がついに陥落! カトパンこと加藤綾子(36)が6月6日に電撃入籍。お相手の正体が年商2000億円のスーパー社長と判明して、2度ビックリ。スポーツ紙芸能デスクが解説する。

「最近は、MCを務める夕方ニュース『イット!』(フジテレビ系)の数字が低迷しているなど、暗いニュースばかりだったので、久々の朗報です。かつては『スーパー綾子』と称賛されたカトパンも、年齢的に曲がり角で、子供を作る最後のチャンスを逃したくなかったということでしょう」

 番組には昨秋より同期の榎並大二郎アナが配置され、Xデー対策にも抜かりはないようだ。

 ところで、今やEカップ乳で名を轟かせているカトパンではあるが、かつては意外な豊乳ぶりでファンを沸かせた頃もあった。そのカトパンがお嫁に行く時代、「3大隠れ巨乳」の顔ぶれも様変わりしている。

 入社2年目でそのベールを脱いだのが、テレビ朝日・安藤萌々アナ(24)だ。

「昨年は入社式前から早朝『グッド!モーニング』にレギュラー出演を果たすなど、局期待の大きさがわかります。学生時代はゴルフ部に在籍したというスポーツアナ志向で、昨秋からは『サンデーステーション』、今春からは『報道ステーション』へと、朝から夜のスポーツ担当に抜擢されるや、まさか隠し持っていたこれほどまでの乳宝をさらしてくるとは‥‥」(スポーツ紙芸能デスク)

 6月20日放送の「サンデー──」では、スタジオで新体操のリボンに挑戦。右手に持った6メートルの長さのリボンをクルクルと回転させると、こんもり膨らんだ胸の頂がプルップル。ニット越しに揺れが際立つのだった。この眼福の光景を目撃したのは、芸能評論家の尾谷幸憲氏だ。

「おっぱい研究家の眼力では推定Fカップ。おわん型の弾力あるバストがすばらしい。くしくもこの日は父の日でしたが、もはや安藤アナの乳スピンで“乳の日”と認定すべきでしょう」

 水卜ちゃん一強の日本テレビで、こっそり隠れ巨乳ぶりをアピールしていた滝菜月アナ(28)はどうしているのか。

 女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が言う。

「新人時代はBS報道番組にて、ミニスカ姿でデルタゾーンをポロポロ見せてくれましたが、水卜ちゃんの後を引き継いで『ヒルナンデス!』の司会に起用されてからは、あまりハプニングを配給していません。ただし、自身のインスタでは意外にたわわな胸ニット乳をテーブルにポヨンと乗せたり、バストをドアップに写したり、着衣巨乳を披露してくれます」

 薄着の夏、スキあり自撮り乳に期待しよう。

 入社1年目にして前評判が高いのはフジの竹俣紅アナ(23)だ。

「ルックスは銀座のお姉さんタイプ。美人女流棋士として名を馳せたのち、難関の早大に進学。高嶺の花の女子アナになるあたりに鋭い野望を感じる。昨年発売した写真集のインタビューでは、好きな場所については『お布団の中』、寝る前に最後にすることは『唇にワセリンをいっぱい塗る』。もうこれは誘っているとしか思えない。おじさんは王手、詰みです」(尾谷氏)

 先の丸山氏も、その1st写真集「夜明け前、紅さす。」(ワニブックス)に釘づけのありさま。

「へそ出しのスポーツウェア姿では圧巻のボリューミーな谷間を披露している。見事なトランジスタグラマーは新・巨乳女王を狙えるほどの逸材です。かと思えば6月21日の『ネプリーグSP』で初登場しましたが、ふんわり系の衣装で、その巨乳は封印していました。巨乳アナが手薄のフジでは、“焦らし乳”の彼女の大活躍が期待できそうです」

 紅パイブームを呼び起こすか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!