芸能

堀北真希の“マナ板Aカップ”が急成長でセクシー度UP!

20131205s

 かつて、清純派の象徴とも言える“マナ板Aカップ”だった堀北真希(25)。ところが、現在出演中の「ミス・パイロット」(フジテレビ系)では、オッパイが急成長。奇跡の“Cカップ”と評判になっているのだ。

 思い返せば、NHKの連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の時は、まだまだ少女体型だった堀北。しかし、この1年間で肉体はみごとオンナに変化していたのだ。その“異変”が明らかになったのは、ドラマ「ミス・パイロット」第5話でのこと。大型旅客機のパイロットを目指す候補生役の堀北が、アメリカの飛行訓練場で、ソロフライト(単独飛行)のテストを成功させると、意気盛んに仲間の候補生たちが待つ控え室へ‥‥。

 堀北は訓練用のツナギの上半身を脱いで腰元に結び、白のロングTシャツ姿になって現れるのだ。ところが‥‥。

 ん? どこか違和感を覚え、もう一度テレビ画面を確認すると、お椀形のオッパイがこんもりと隆起しているのである。テレビ誌編集者も首をかしげる。

「9月に発売された写真集『Dramatic』(マガジンハウス刊)では、Tバックや純白のブラジャーなど、“脱”清純派のセクシーショット満載だったが、谷間はおろか、胸の膨らみはほとんど見られなかった。“マナ板Aカップ”が哀愁を誘っていただけに、にわかに目を疑いました」

 堀北の“お宝シーン”はまだまだ続く。外国人教官が堀北の白のロングTシャツの背中部分をハサミでザクザクと切っていくと、

「えっ、な、何?」

 戸惑う堀北に、日本人教官役の斎藤工(32)が、

「ソロフライトが成功したら、もうお前は服を引っ張られる(怒られる)必要がないってこと」

 と、ソロフライト成功後の儀式だと説明する。

「もっと早く教えてくれればいいのに~」

 スネる堀北が立ち上がり、背を向けると、長方形にぱっくり開いたロンTの背中部分から、薄いブルーのスポーツブラが! 細身のシルエットにフィットしたスポブラが妙に生々しく、運動後に汗をかいた女性が脱いだような爽やかエロスを妄想させる。

「あー」

 ブラチラに気がついた候補生たちは、見てはならないととっさに背中を向ける。

「えっ、ブラ、見えてた?」

 堀北も気づき、慌ててツナギの上半身を着て隠そうとする。左、右と袖に手を通そうとした瞬間、その勢いでロンTの膨らみが、ブルルンと縦に揺れたのだ。この場面をアイドル評論家の織田祐二氏が分析する。

「成長したと受け止めたいのですが、詰め物で胸を膨らませて“盛った”可能性が高い。制作側としては視聴率が低空飛行する中、秘策として堀北の胸で勝負したのかもしれません。実際、このシーンが話題になって、第5話が11%だったのに第6話は12.1%に上がりました。堀北の露出を期待する表れと言えるでしょう」

 視聴率を上昇気流に乗せるためにも、さらなるムフフシーンに挑んでもらいたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!