芸能

「女優」前田敦子の逆襲が始まった!?

 イタリア・ローマで開催された『第8回ローマ国際映画祭』の授賞式が、現地時間11月16日夜(日本時間17日未明)に行われ、前田敦子主演、黒沢清監督の映画『Seventh Code』(日本公開未定)が、監督賞(Best DirectorAward)と、優れた技術に贈られる技術貢献賞(Award for Best Technical Contribution)の2冠を獲得した。三大映画祭ではないが、快挙といっていいだろう。

 それにより、主演の前田敦子の女優としての評価もうなぎのぼりとなっている。前田自身も、

「黒沢監督すごい! ビックリしすぎて意味がわかりません。私は監督の指示に従っただけですが、私もすごくうれしいです! 監督賞、技術貢献賞、本当におめでとうございます!」

 と、コメントしたが、これに首をかしげるのは、ベテランの映画ライターだ。

「実際、今回獲得した賞は監督やスタッフの技術を評価したもので、前田の演技を評価したものではありません。ですが、やはり主役の演技が酷ければ、監督としての手腕は評価されにくいでしょうし、その逆も然り。関係ないとまでは言いませんが」

 もっとも、黒沢監督は今回初タッグを組んだ前田のことをインタビューでベタ褒めし、演技力を高く評価している。

「12年の『苦役列車』では、共演した森山未來(29)も前田の演技を絶賛していました。業界内でとても評価の高い『役者バカ』の森山にそう言われるのだから、前田が名女優になる可能性もありますね」(映画関係者)

 一方、わがままぶりがたびたび報じられる前田だが、実際は凄く真面目との談も。

「かつてAKB時代には『休憩時間中は常にブスっとしている』と言われていたが、それはセンターとしての重圧や、自信がない自分との闘いをしていたから。 本来はかなり天然で親しみやすいキャラです」(プロダクション関係者)

 別の芸能プロ関係者もこんなエピソードを披露する。

「昨年、前田が一人で銀座のエステサロンに行った際、スタッフが『お酒は飲まれますか?』と聞いた。ちょうどその時期は、前田が『週刊文春』に、ドラマで共演した俳優の佐藤健(24)との『泥酔お姫様抱っこ写真』が掲載され、話題になっていた。エステのスタッフはその事を知らなかったんでしょうね。ストレートに聞くスタッフに対し、『まぁ…飲みます。でもほどほどにしないとダメですよね』と自虐的に笑って答えたそうですよ(笑)」

 これまで評価の低かった「女優」前田だが、歌舞伎俳優・尾上松也との恋愛も経験したことで演技の幅が広がったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”