芸能

「女優」前田敦子の逆襲が始まった!?

 イタリア・ローマで開催された『第8回ローマ国際映画祭』の授賞式が、現地時間11月16日夜(日本時間17日未明)に行われ、前田敦子主演、黒沢清監督の映画『Seventh Code』(日本公開未定)が、監督賞(Best DirectorAward)と、優れた技術に贈られる技術貢献賞(Award for Best Technical Contribution)の2冠を獲得した。三大映画祭ではないが、快挙といっていいだろう。

 それにより、主演の前田敦子の女優としての評価もうなぎのぼりとなっている。前田自身も、

「黒沢監督すごい! ビックリしすぎて意味がわかりません。私は監督の指示に従っただけですが、私もすごくうれしいです! 監督賞、技術貢献賞、本当におめでとうございます!」

 と、コメントしたが、これに首をかしげるのは、ベテランの映画ライターだ。

「実際、今回獲得した賞は監督やスタッフの技術を評価したもので、前田の演技を評価したものではありません。ですが、やはり主役の演技が酷ければ、監督としての手腕は評価されにくいでしょうし、その逆も然り。関係ないとまでは言いませんが」

 もっとも、黒沢監督は今回初タッグを組んだ前田のことをインタビューでベタ褒めし、演技力を高く評価している。

「12年の『苦役列車』では、共演した森山未來(29)も前田の演技を絶賛していました。業界内でとても評価の高い『役者バカ』の森山にそう言われるのだから、前田が名女優になる可能性もありますね」(映画関係者)

 一方、わがままぶりがたびたび報じられる前田だが、実際は凄く真面目との談も。

「かつてAKB時代には『休憩時間中は常にブスっとしている』と言われていたが、それはセンターとしての重圧や、自信がない自分との闘いをしていたから。 本来はかなり天然で親しみやすいキャラです」(プロダクション関係者)

 別の芸能プロ関係者もこんなエピソードを披露する。

「昨年、前田が一人で銀座のエステサロンに行った際、スタッフが『お酒は飲まれますか?』と聞いた。ちょうどその時期は、前田が『週刊文春』に、ドラマで共演した俳優の佐藤健(24)との『泥酔お姫様抱っこ写真』が掲載され、話題になっていた。エステのスタッフはその事を知らなかったんでしょうね。ストレートに聞くスタッフに対し、『まぁ…飲みます。でもほどほどにしないとダメですよね』と自虐的に笑って答えたそうですよ(笑)」

 これまで評価の低かった「女優」前田だが、歌舞伎俳優・尾上松也との恋愛も経験したことで演技の幅が広がったのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」