芸能

「カノキレ」、“小芝風花のバスト乗せVS宇垣美里のワキ見せ”対決に視聴者歓喜!

 8月17日に放送されたSexy Zone・中島健人と小芝風花がダブル主演するドラマ「彼女はキレイだった」(フジテレビ系)第6話の視聴率が、6.9%だったことがわかった。同ドラマは、ネット上で高い人気を誇っているという。

「『カノキレ』は、初回から視聴率7%台が続き、4話になるとオリンピックの影響もあり、4.8%まで下落。そしてその後は、6%台を維持しています。そんな視聴率的に伸び悩む『カノキレ』ですが、ツイッターでは世界トレンド1位を記録しているほか、見逃し視聴数もこれまでカンテレのドラマでトップだった阿部寛主演『まだ結婚できない男』を抜き、歴代1位になるほど大きな盛り上がりを見せています」(テレビ誌記者)

 そんな「カノキレ」で主演を務める小芝は、初回からボサボサ頭で冴えない女性を演じていたが、前回のラストでオシャレに大変身する展開が描かれ、ネットで話題に。また第6話では、小芝のスタイルや共演者の肌見せにも大きな注目が集まったという。

「小芝演じる主人公は今回、大きな段ボールを持って宇垣美里演じる同僚とエレベーターに乗り込むというシーンがありました。その際、彼女は段ボールを両手で抱え込んでいたことで、ちょうどバストが箱の上に乗って強調される状態となっていたのです。これには視聴者から『バストが乗っていてヤバイ!』『メイクアップして美しさだけでなく艶度も増した』と好評の声が殺到することに。また一方で宇垣も、小芝との会話中に両手を上げるリアクションを見せた際、半袖衣装から美しいワキが全開となったことで、『美バストと美ワキの対決が素晴らしい』と視聴者をクギ付けにしました」(前出・テレビ誌記者)

 今回注目を集めた童顔で清純派の小芝と、大人っぽく綺麗系な宇垣との共演。タイプの違う2人の艶シーンが同時に楽しめたとあって視聴者は大満足だったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像