芸能

藤原紀香、“レース越し胸肌見せ”映画鑑賞姿に「ボンドガールになって」の声

 ダニエル・クレイグにとって最後のジェームズ・ボンドとなる映画「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」が10月1日から公開され、多くの観客を集めている。女優や歌手ら芸能人の注目度も高く、さっそく視聴した美女も多いようだ。女優の藤原紀香はその1人。10月2日のブログで初日に映画を観たことを報告している。

 藤原は体験型の上映システムを採用したシアターで観たそうで、〈omg! so cool! 4Dでの鑑賞、物凄い迫力〉と驚いた様子。ダニエル・クレイグのラストということで、感慨深いものがあったようだ。

「映画とダニエル・クレイグに敬意を払ったのか、藤原はおしゃれをして劇場に行ったようです。当日の自撮りショットが公開されているんですが、シックなコーディネートです」(週刊誌記者)

 濃紺のキャスケットをかぶり、ジャケット、レースのシャツ、レース模様のマスクも同色で統一されたコーディネート。特に目を引くのがレースの胸元だ。

「レース越しに色香ただよう美しい肌が見えます。わずかですが胸の渓谷も確認できますね。美しく艶っぽいスタイルにファンから絶賛の声が上がりました。ボンドガールを演じてほしいという声もあります」(前出・週刊誌記者)

 1967年公開の「007は二度死ぬ」では若林映子と浜美枝がボンドガールを演じている。007でなくても、熟美女・藤原紀香がスクリーンで躍動する姿にも期待が高まっていきそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張