芸能

現実とリンク?能條愛未、「腰振りベッドシーン」での艶吐息にファンがクギ付け!

 11月19日から、ABEMAオリジナルドラマ「私が獣になった夜~名前のない関係~」の配信がスタートした。同ドラマでは、女優の能條愛未が大胆ベッドシーンに挑戦し、注目を集めている。

「能條はドラマにて、好意を寄せる男性から本命として見てもらえず、体だけの関係を続ける主人公・詩織を演じています。第1話では、能條がベッドで男性の上にまたがり、上半身マッパ状態で腰をゆっくりとグラインド。そして昇天直前となった男性に対し、『だめ…、まだだめ…、ガマンしてっ…』と囁き、快楽によって激しい吐息をあげるのです。今回、バストトップこそさらしていませんが、美しい背中や事後のアンダーウエア姿などが拝めるため、ファンの視線をクギ付けにしています」(テレビ誌記者)

 そんな能條は、18年に乃木坂46を卒業して以降、女優として舞台やミュージカルなどを中心に活動してきた。それだけに映像作品での大胆ベッドシーンが大きな話題を集める一方で、過去のスキャンダルも再燃しているという。

「能條といえば今年、歌舞伎俳優・中村橋之助との熱愛が一部週刊誌で報じられ話題に。しかし同時に橋之助には、京都・祇園の元ナンバーワン芸妓と結婚間近との情報も浮上したことで、『2股ではないか』と騒がれました。そんな中で能條は今回、好きな人に都合よく扱われるも、関係を終わらせる女性を演じており、『実際に詩織と同じ思いをしている、1人でも多くの女性の背中を押せる作品になっていてほしいです』とコメントしています。そのためネットでは、『ある意味、リアルな演技が見られる?』『今は本命の位置を勝ち取ったのか、それとも別れたのか』『まだ歌舞伎俳優と付き合ってるのかな』などと熱愛報道を思い出す声も多くあがっています」(芸能記者)

 アイドル時代には見られなかった体当たり演技に挑戦した能條。今回の熱演が、さらなる艶演技の仕事に結びつくこととなるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論