芸能

木下優樹菜、「街中のケンカ」目撃して“瞑想を推奨”に特大ブーメラン!

 芸能活動再開を宣言したタレントの木下優樹菜が12月2日、自身のインスタグラムを更新。街中でケンカする一般人を目撃したことを明かしている。

 木下はインスタグラムのストーリーズ機能を更新し、「信号待ちをしててふと横見たらおじさんとおじさんが叩いたり殴り合ってるのを目撃しちゃって 何だろうこの気持ち」と、一般男性同士のケンカを目撃したことで複雑な気分になったとのこと。

 どうやら、歩道ですれ違った際にぶつかったことがきっかけでケンカになったようだが、そのケンカを目の当たりにした木下は「朝から血の気が多いし おだやかな気持ちでいてほしい マインドフルネスしてくんないかな」と綴っている。

 木下は11月19日に自身のYouTubeチャンネルに「マインドフルネスしよ?」と題した動画をアップ。芸能活動を休止していた2年間の間にマインドフルネス、いわゆる瞑想の魅力に気付き、ひたすら瞑想をしていたことを告白し、視聴者にも瞑想をプッシュしている。

 そんな木下だけに、ケンカをしている2人にも瞑想をぜひやってみて、心を落ち着かせてほしいと心のなかで思ったようだ。

 しかし、この投稿に世間からは「そのおっちゃん達も、木下さんにこのセリフは言われたくないと思うが…」「姉の揉め事なのに、首ツッコんで事務所総出で潰しに行こうとしてたあなたの方が血の気が多いだろ」「タピオカ店を恫喝して、自ら芸能界を引退した木下さんが言っても説得力ないだろ」「この投稿をしている時点で木下のマインドフルネスがいかに効果が皆無なのかが分かるな」など、木下の発言が特大ブーメランであることを指摘するコメントが多数見られている。

「タピオカ店恫喝騒動を起こした木下だけに、そこを掘り返されてしまい、どの口が言うとばかりにツッコミコメントが殺到しています。木下自身もYouTuberデビューとなった謝罪動画で『私はもともと言葉を人に伝えたりすることが、すごく瞬発的にストレートに物事を発してしまったり、あまり考えずに思っていることを言ってしまう性格でもありました』と話しており、自分自身も血の気が多いタイプということは自覚できているようです。ただ、自分を客観視できていれば、今回のような出来事に対して普通は発言できないと思うのですが…」(エンタメ誌ライター)

 今のタイミングで、目撃したケンカをきっかけにマインドフルネスの効用を発言することがどんな反響を招くのか、それこそ落ち着いて考えてみたほうがよかったかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」