スポーツ

「賞金女王」稲見萌寧、“海外拒否”のワケは!?女子ゴルフ「男と金」ブチまけるッ

 新型コロナの影響で異例の統合シーズンとなった20─21年の女子ゴルフツアーが幕を閉じた。熾烈な賞金女王争いの末に「はざま世代」のニューヒロインが誕生する一方、「熱愛スキャンダル」、「男子プロとの下半身事情」、「韓国美女ゴルファーの衰退」など様々な出来事が…。彼女たちの悲喜こもごもを見てきたゴルフ関係者が集結!無礼講でブチまけた覆面座談会の様子をお届けしよう。

    *

A(ゴルフ誌記者)とにかく強かったのが初の賞金女王に輝いた稲見萌寧。今季断トツの9勝を挙げ、東京五輪でも銀メダルに輝き、文句なしで女子ゴルフ界の顔になりました。

B(ゴルフジャーナリスト)ツアーフル参戦が初体験なんて信じられない。渋野日向子ら98年組の「黄金世代」や00年組の古江彩佳ら「ミレニアム世代」に挟まれ、「はざま世代」と呼ばれるほど目立たず、開幕前はノーマークの存在だった。

C(スポーツ紙記者)ゴルフ全体の浮き沈みがなく、常に同じタイミングやリズムでプレーが出来る「再現性」の高さが強み。何かきっかけがあって変貌したというよりは、勝つたびに自信をつけて波に乗り、頭角を現した感じでしたね。

D(ツアー関係者)ゴルフしか趣味がないようで、1日10時間以上練習しています。恐らく女子ゴルフ史上一番練習している選手。今年のオフも休まず、大晦日と正月もトレーニングすることを宣言しています。

C メンタルの強さも異次元ですよ。11月の伊藤園レディスでは2位に自己最大の9打差をつけての圧勝。並みの選手なら差がつくと油断が生じて4打差くらいまで縮まるのに、後続は眼中なしの独り旅で勝ち切りました。

A 今のところ海外志向はないみたいですね。生活環境が崩れることを嫌っているし、コーチやトレーナーの帯同も難しい。それなら国内でがっつり稼ぐほうが割りに合っているので、スポット参戦はしても、基本的に海外拒否だとか。

D 一番の目標は永久シード。国内ツアー通算30勝以上の選手に与えられるのですが、このペースだと3年で獲得できちゃう(笑)。

─こんなふうに始まる「覆面ブチまけ座談会」全内容は、12月7日発売の「週刊アサヒ芸能」12月16日号に掲載。今シーズンを彩った渋野日向子や原英莉花、小祝さくらなど人気選手のウラ話も続々登場している。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男