スポーツ

若き日の白鵬、「十両昇進祝いに稽古」朝青龍への渾身の当たりは通用したか!?

「バイヤルフリゲ」とは、モンゴル語で「おめでとう」の意。自身の甥である豊昇龍(ほうしょうりゅう)を応援すべく、2021年十一月場所12日目に来日した元横綱・朝青龍(あさしょうりゅう)のドルゴルスレンギーン・ダグワドルジ氏の発言だ。

 声を掛けられたのは、元横綱・白鵬の間垣親方である。間垣親方が語る。

「元横綱・朝青龍関には、私が十両に上がる頃から目をかけていただき、稽古をつけてもらいました。気迫とスピードがある相撲でとても怖かったですね。この十一月場所で観戦に来ていた朝青龍さんに、モンゴル語で『バイヤルフリゲ』と声を掛けていただきました。大変感激いたしました」

 そんな間垣親方を主人公として、「週刊アサヒ芸能」で連載中の同時進行相撲マンガ「白鵬本紀」、同誌12月7日発売の12月16日号「第31番」は、「朝青龍のかわいがり」だ。

 まずは、大注目の間垣親方の同時進行レポートからで、照ノ富士初の全勝優勝で幕を閉じた九州場所の総括篇。親方の視点で見た、照ノ富士、阿炎、宇良、若隆景。そして、宮城野勢の石浦、炎鵬、北青鵬が語られる。

 そして、物語は若き日の間垣親方である白鵬のドラマへ。2003年十一月場所、白鵬は5勝1敗で迎えた14日目に、若天狼(わかてんろう)を送り出しで破り、6勝1敗。場所後の番付編成会議で新十両に昇進が決定した。

 関取になる夢が実現したのもつかの間。宮城野親方から「白鵬(ダヴァ)よ、お祭り気分は今日で終わりだぞ!」と、初の「巡業」参加を命じられる。

 2003年冬の九州巡業は、11月30日より12月7日までの日程で、佐賀、熊本、鹿児島、宮崎、長崎の強行軍。そんなある日、“アラさん”こと旭天山が「最高の稽古相手」と連れて来たのが、ドルジこと朝青龍であった。十両昇進の「お祝いに稽古をつけてやろう!!」と胸を出す朝青龍。果たして、白鵬の渾身の当たりは、朝青龍に通用するのか!?。

 こんなエキサイティングな若き日の白鵬をまとめて読めて、復活全勝優勝を果たした今年七月場所の真実も語られているのが、「白鵬本紀」第1巻「英雄の子」だ。

 さらに11月30日には「白鵬本紀」第2巻「白鵬のいちばん長い日」が発売された。同書では少年・白鵬の激動のドラマとともに、引退記者会見で話題となった、「横綱相撲とは?」の問いへの、自身の思いも明かされている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
田中理恵、地団駄踏んでバストがブルンブルン!ゴルフ練習動画が艶すぎるッ