芸能

太川陽介、「BRTを知らない」で浮上した本家バス旅復帰論!問題はパートナーだけ!?

 2月2日の「水バラ」(テレビ東京系)で「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 路線バスで鬼ごっこ」が放送された。その中で太川陽介が発した一言にバス旅ファンが騒然となっている。なんと太川が“本家バス旅”、つまり「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に復帰する可能性が見えてきたのだという。

 その一言は最初のチェックポイントである茨城県日立市の「道の駅 日立おさかなセンター」へと向かうバスの中で飛び出した。太川は「サンドイッチみたいな名前のバスなんだっけ?」と発言した。

「太川さんが言いたかったのは『BRT』。どうやら『BLT(ベーコン・レタス・トマト)サンドイッチ』と似ているのでこのような発言になりました。BRTは『バス・ラピッド・トランジット』の略で、専用の車線や道路を持つバス路線のことです。一般車両の影響を受けないので、早く安全に輸送できます。日本でも増えていて、太川さんたちが乗った『ひたちBRT』や『気仙沼線・大船渡線BRT』がよく知られ、どちらも鉄道の線路を道路に転換して運行されていいます」(鉄道ライター)

 つまり太川はBRTを知らなかったのである。

 太川と蛭子能収は17年1月の第25弾を最後に1度バス旅を引退した。この時、理由として、蛭子が加齢によって体力が落ち、歩くのがつらくなったこと、そして2人とも、10年にわたってバス旅を続けたことで乗ったことがないバスがなくなったことを挙げている。ところが、そんな太川が乗ったことがないバスがあったというわけだ。

「太川が乗ったひたちBRTの常陸多賀駅と大甕(おおみか)駅の区間は19年に運行を開始したばかりなので、知らなくて当然。バス路線は鉄道のように線路を敷く必要がないので、変化が激しい。太川がバス旅をしていた時とはだいぶ違っています。そんな今なら太川が本家バス旅に復帰する意味はある。BRTに乗って太川がそう考えても不思議ではありません」(週刊誌記者)

 こうして太川の本家バス旅復帰論が持ち上がったわけだ。残る問題はパートナーだけとの声もある。

「さすがに蛭子の復帰は難しい。蛭子と同じタイプの人材はなかなかいないので、違うタイプを選ぶことになるでしょう。テレ東旅番組に出た実績があり、太川にある程度ものを言える人ということであれば、福澤朗や千原ジュニアがいます」(前出・週刊誌記者)

 太川陽介の本家バス旅復帰は実現するだろうか。今後のテレ東旅番組から目が離せない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故