芸能

木村拓哉、テレ朝「新ドラマ」発表も“内容にガッカリの声”が続出したワケ

 2月7日、木村拓哉が4月スタートのテレビドラマ「未来への10カウント(仮)」(テレビ朝日系)で主演を務めることが発表された。木村は今回、学園スポーツドラマに初挑戦するという。

「発表によると今作で木村が演じるのは、高校時代にボクシングで4冠を達成したものの、ある理由で競技続行を断念し、生きる希望を失った主人公とのこと。そして30年近くの時を経て、高校ボクシング部のコーチに就任し、徐々に熱い気持ちを取り戻していくという“青春スポーツドラマ”になるようです」(テレビ誌記者)

 また、木村の代表作である「HERO」(フジテレビ系)を手がけた福田靖氏が脚本を担当することも同時に発表され、大きな注目を集めている。しかしその一方で、一部ゲームファンの間では、今回のドラマに対し残念がる声も相次いでいるようだ。

「今年1月の『日刊ゲンダイDIGITAL』では、木村が主人公の人気テレビゲーム『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』の原案作品を、テレ朝が今年ドラマ化する可能性があると報じていました。記事によると、いじめで自死を選んだ生徒が出た高校に、弁護士役の木村がボクシング部のコーチになりすまし、潜入。やがてそのいじめ事件が、国家を揺るがす事件に発展していくというゲーム通りの物語が紹介されていたのです。しかしフタを開けてみれば、高校とボクシングという共通点はあるものの、新ドラマの内容はゲームと全くの別物。それだけに『ジャッジ』シリーズのファンの間では、『「ロストジャッジメント」と全然違うじゃん!』『(木村がゲームで演じたキャラである)八神の実写が見られると思ったのに残念』『あらすじ読むかぎり、普通の青春スポーツドラマっぽいな…』とガッカリする声が飛び交っています」(前出・テレビ誌記者)

 テレビゲームながら、社会の暗部を描き、シナリオの評価も高い「ジャッジ」シリーズ。それだけに、実写ドラマ版を期待していたファンも多かったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日の長寿ミステリー連続終了で外濠が埋まった「相棒」「科捜研の女」の幕引き
2
木村拓哉がウーバー配達員に…「ゴゴスマ」サプライズ出演で大阪府民が大激怒
3
「巨人軍のニセ紳士」坂本勇人の鬼畜スキャンダル「再クローズアップ」の舞台裏
4
局員激白!加藤浩次「スッキリ」が打ち切られる「本当の原因」
5
TBS山形純菜アナ「これはスナックのママでは!?」激変メイクに滲み出る「実は闇キャラ」素顔