芸能

「トップガン」名優をトップスターへと押し上げた「宗教傾倒」と「抹殺事件」

 不朽の名作「トップガン」。その2作目となる『トップガン マーヴェリック』の公開に合わせて、トム・クルーズが来日するというニュースが入った。

 2年ほど前、NHKテレビのドキュメンタリー番組で、トム・クルーズをフォーカスした回がある。それは今回の新作となる「トップガン マーヴェリック」に焦点を当て、彼が持つ「光と闇」を追うもの。かつてトムがアメリカのメディアから「個人的な宗教にハマッている」という批判を受けた一件を取り上げた。映画ライターは、この出来事がトムの分岐点だったと語る。

「その際、アメリカのアカデミー賞サイドが彼を『抹殺』しようとしたんです。トムは自戒的になり、作家的な映画に出なくなった。それまではポール・トーマス・アンダーソン、オリバー・ストーンなど作家主義の監督作品にも出ていたのに、以降は究極のエンターテイメント作品へとシフト。自分はもうアカデミー賞はとれないだろう、という懸念が生まれたのです」

 ところが、それがかえってトムの「勝利」へとつながったというのだ。

 トム・クルーズをトップに押し上げたもの…それはある種の「諦観」だった。間もなく公開される「トップガン マーヴェリック」が楽しみである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」