女子アナ

新女子アナ女王に君臨!井上清華の「めざましフェロモン」と意外な「裏素顔」

 昨年春「めざましテレビ」8代目キャスターに抜擢されるや、今年4月には「ホンマでっか!?TV」で2代目アシスタント就任。まんまとカトパンの後釜、そしてフジテレビ女子アナの新女王に君臨する井上清華アナの実力と色香とは──。

 入社5年目の井上アナを手放しで高評価するのは、女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏である。

「美形かつ清潔感も併せ持つ、フジのアナドル王道路線。それでいて、意外に度胸もあり、バラエティーもしっかりこなせる実力の持ち主です。アイドル的な素養が最も強く、現時点でのポスト・カトパンといっても間違いない」

 その井上アナが思わぬ「桃色アクシデント」に見舞われたのは、3月25日のソフトバンクVS日本ハム開幕戦の始球式だった。女子アナウォッチャーがニヤけながら回想する。

「負けず嫌いの井上アナは、『絶対にホームまで届かせたい』と登板前に極秘トレーニングを積んで、故郷・福岡のマウンドに立ったほど。サプライズでバッターボックスに立った日本ハム・新庄剛志BIGBOSSに対し全力投球すると、見事ノーバウンドのストライク。しかし力投のあまり、薄い生地にキュッと切れ上がったヒップライン、股布ラインが丸わかりのパン透けを披露してしまった」

 ネット上にはすかさず、

「投げ終わった後、パン線がめちゃ浮き出た。見た甲斐あった」「井上アナ、クロッチ部分まで浮き出てたね。イヤラしいわ~」

 などと洗礼を浴びることに。こんな新女王の意外な裏素顔と艶仕事ぶりが、5月17日発売の「週刊アサヒ芸能」(5月26日号)で熱烈詳細レポートされている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」