芸能

広瀬すず 新作映画「流浪の月」で過激ラブシーンに挑戦

 広瀬すず(23)の新作映画「流浪の月」(ギャガ)が波紋を呼んでいる。実話をベースにした衝撃的なストーリーもさることながら、すずの体を張った演技でにわかに「本格女優覚醒」の声も上がっているのだ。

 物語は、世間を騒がせた少女誘拐事件の加害者と被害者が15年後に再会し、両者が抱く複雑な心の絆と葛藤を実に丁寧に描いている意欲作。重厚なテーマで注目を集める同作だが、なによりも見逃せないのが、広瀬が挑む過去イチの過激なラブシーンだろう。

 しかも単なるラブシーンではなく、その描写は過激そのもの。映画の中でもクライマックスと言えるシーンなのだ。

〈広瀬演じる更紗は、かつて少女時代に誘拐に遭遇。その過去を封印し、横浜流星(25)演じる男性と同棲生活を送っている。当然、2人は、日常的に愛の交歓を繰り広げる。寝室に入ると、流星は背後からすずを抱きしめ、そのまま激しいまでのディープキスを交わす。その情熱的で唾液の絡むキスに、男の首筋にすがりつき、本気の表情で『アッ‥‥アッ‥‥』と吐息が止まらないのだ。そのまま押し倒されると、真っ白なブラジャーの中に手を突っ込まれ、こんもりとしたバストを激しく揉みしだかれる。そのまま高まった流星は、すずのパジャマのズボンを一気にずり下ろそうとする。露わになるのは純白のパンティ。すると剥き出しになった太腿に流星はキスをしたあげく、そのまま股間に顔を埋めて愛撫する。『ンンッ‥‥』と言葉にならない声で快楽に本気で身悶えするのだった〉

 ここまではいわゆる普通のカップルの営みだったが、ある時から2人の関係性は大きく変化する。その顛末は実際に劇中で確認してもらいたいが、欲求不満に陥った流星は、すずに対して「実力行使」に出るのだ。

〈流星はすずをソノ気にさせようと、再びディープキスを仕掛けていつものように情事に持ち込もうとする。今度は服の上から右チチを荒々しく暴力的なまでに揉みしだく。極め付きは乱暴に彼女のスカートを捲り上げての手で股間を刺激する場面だ。流星は相手の反応を確認すると、自らの右手にペッとツバを吐きかけ、そのまま股に手をあてがって愛撫。しかしすずの反応は‥‥〉

 それにしても、広瀬がここまで大胆な演技に挑戦したのにはワケがあった。

「現在、彼女は『海外進出』を次の目標として設定している。今後、コロナによる移動制限がなくなれば『ハリウッド映画のオーディションを積極的に受けたい』と事務所に伝えているほど。5年前に出演した『ネプリーグ』(フジテレビ系)で、簡単な英語の問題を間違えまくり、語学力のなさが失笑を買ったのですが、近頃は『ハリウッドデビュー』に向けて英語を猛勉強しているんです」(映画関係者)

 さらなる高みを目指す広瀬の「超濃厚ラブシーン」に観客も拍手喝采なのだった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!