芸能

「オモロイのになんで売れへんねん」陣内智則が首をかしげた大物芸人のブレイク秘話

 お笑いコンビ「かまいたち」が、5月12日放送の「かまいたちの知らんけど」(MBSテレビ)に出演。濱家隆一が、自身の予想を覆して売れた後輩のお笑い芸人について語った。

 この日は、かまいたちの2人が先輩芸人の陣内智則をゲストに迎えてトークを展開。山内健司が地元の友人から「俺の息子の友達が芸人になろうと思ってる」と言われ、「絶対やめとけ」と答えたと発言。「自分が出ているから言うのもアレなんですけど、(自身が売れたのは)超ラッキーやからとは、めっちゃ言うてる」と続けた。

 それに濱家は「何かひとつでも違ってたら(今ここに)いてない」。陣内も「もう1回やり直しても、売れる自信はない」と、それぞれ売れるのは運次第と同意した。

 一方で陣内は、こうも言う。

「でも、面白いやつは絶対売れるやん。お笑いって。俺、ブラックマヨネーズと一緒にやってて『おもろいのにな』ってずっと思ってた。でも大阪時代、全然人気なかった。見た目が吉田がまず怖くて、ブツブツで。小杉がチャラい感じやったから全然ウケなかった。でも『M-1グランプリ』でバーンと売れた」

 さらに陣内は、野性爆弾のくっきーについても、

「こんな天才、なんで売れへんねんと思ってた。一回、くーちゃんにルミネの合間に『ランチ行きましょう』って誘われて『もう僕、吉本辞めようと思ってるんです』って相談された。『絵とかをやろうと思うんです』『そうか。そういう手もあるよな』って言ってたけど、結果、売れた。おもろいやつは売れるから、そこはめっちゃピュアよね」

 お笑いライターが言う。

「ブラマヨなどと同じような、『面白いけどさすがに…』という例として、濱家はアインシュタインの稲田直樹のことを挙げていました。稲田自身も実際、あるテレビ番組で所属する吉本興業の社員から『見た目ではテレビNG』と言われたことがあると明かしていますからね。芸人が売れるために面白いのは当然のこと。やはり運や粘り強さも必要ということでしょう」

 芸人としてレギュラー番組を持つ立場になるのは、奇跡に近いことなのかもしれない。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」