芸能

芸能界「自死&活動休止続出」を食い止める「ハリウッド式生活」のススメ

 芸能人の自死や活動休止が相次いでいる。その理由のひとつに、ネットの誹謗中傷やメディアの過度なバッシングに耐えられなくなっている、という事実がある。

 また、プライベートなどあってないようなもの。自宅にいてもメディアに執拗に追いかけられ、挙句の果てには仲間に裏切られて私生活を暴露されてしまうことも。そんな芸能界に疲れて、活動休止。復帰できるくらいなら、その闇は軽いと言っていい。

 公開間近の「トップガン2」こと「トップガン マーヴェリック」の主演、トム・クルーズをお手本にしてほしいと語るのは、ベテランの映画ライターである。

「アイドルグループ・嵐の大野智は活動休止していますが、あれは永久休止ですよね。顔をさらして生きることに耐えられなくなった、とも言われています。ハリウッドスターだってそうですよ。砂上の楼閣に立てこもるような日常で、買い物には行けない、友人との食事もままならない。綾野剛みたいに飲み歩くなんて、もってのほか。日本の俳優は、だから隙を突かれてしまうんです。トムは『自分がない生活』を許容している」

 日本もいよいよ「ハリウッド化」が始まった、出歩くロジックが通用しなくなってきた、と言われている。先のベテラン映画ライターが嘆息する。

「これからは自分がない生活に耐えられる人が、芸能界に残るべきだと思います。それで病んでしまう、命を絶ってしまうのであれば、早々に引退した方が幸せかもしれません」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題