芸能

フジ・井上清華「めざましフェロモン」の秘密(3)井上アナのロケ姿に注目!

「局内では3年上の宮司愛海アナ(30)と親しく、生野陽子アナ(38)、藤本万梨乃アナ(26)を加えた4人で、同局の『福岡県人会』を開催している。こうした派閥作りに成功しているところが、1年先輩ながら同じステマ騒動から1年後にフリー退社となった久慈暁子(27)との差かもしれない」(フジ関係者)

 もはや、朝の顔として突っ走る井上アナを止められる者は見当たらない。

 4月14日の「めざましテレビ」では、話題のスポットで体当たりレポートする新コーナー「やってセイカ」がスタート。下北沢の新スポットに訪れた井上アナは真っ白のパンツルックで登場すると、施設の中を所狭しと駆け回る奮闘ぶり。途中、階段を駆け上がる場面ではカメラが後ろからローアングルでプリプリのお尻をキャッチする艶姿まで披露。井上アナもワイプで苦笑いを浮かべたものだ。

 また、4月21日の放送では伊豆シャボテン動物公園でのレポート。抱っこしたミーアキャットの赤ちゃんに顔を舐められると「今、チューしてくれた」と大興奮。続いてカピバラをエサで呼び寄せ、地面に這いつくばっての写真撮影。さらに、お尻にあるツボをマッサージすると気持ちよくなるという特徴を実地レポート。左手をカピバラのお尻に潜り込ませると手をコキコキ上下させ、優しくマッサージ。するとカピバラはまるで尻子玉を抜かれたような恍惚の表情を浮かべるのだった‥‥。

「これまで、めざましの司会がロケに出ることは少なかった。今後、暖かくなって薄着になればセクシーショットは確実に増えるはずでしょう。真横で乳揺れ、真下からのデカ尻アップなど、期待は広がる一方です」(丸山氏)

 さっそく5月5日放送では、0円スポットのウォールクライミングで補助ゴムにガッツリ尻肉を食い込ませ7.5メートルを制覇! カトパンの跡目を奪った新女王の尻上がり艶仕事がもっと見られるのは夏本番のこれからだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンガールズ田中の結婚に水を差した和田アキ子のトンデモ勘違い発言
2
前巨人・山口俊「キャンプインなのに自主トレ」不可解行動で浮上した「スキャンダル暴露封じ」
3
「スシロー」悪質ナメナメ騒動で発覚した「醤油マズイ問題」の対処現場
4
田原俊彦が思わず口走ったジャニー喜多川氏への本音「ジャニーさん、何も考えてないよ」
5
歴史発見!親の仇・織田信長をうならせた…今川義元の子・氏真「名人級の技」