社会

夏こそ激ヤバ!コロナの比ではない「デング熱」の恐怖を取り払う「完全対策」の全貌

 新型コロナにサル痘、謎の肝炎、鳥インフル…もう感染症はウンザリだ、という我々の憂鬱をあざ笑うかのように、ネット検索では「デング熱」がバズッている。きっかけは「シンガポールでデング熱が大流行する緊急事態」と報じたCNNのニュースだ。

 デング熱は感染後2日以内に高熱と筋肉痛、関節痛、倦怠感を引き起こす。特効薬もワクチンもないから、新型コロナ以上に厄介だ。

 日本時間6月7日13時過ぎ、CNNがデング熱ニュースを報じると、投資家が動いた。フマキラーやアース製薬といった殺虫剤、虫除けスプレーのメーカーの株価が軒並み急騰したのだ。この市場の動きこそが、デング熱を防ぐポイントで、

「デング熱は蚊が媒介する伝染病です。患者の血液を吸った蚊が他の患者を刺すことで、感染します。梅雨時は植木鉢など、ボウフラがわく水溜まりを作らない。虫除けと、部屋に散布するタイプの防虫スプレーや蚊取り線香で、蚊を寄せ付けないことが一番です。今年は節電が呼びかけられていますから、冷感素材のアームカバーや長袖シャツを活用するのもいいでしょう」(感染症専門医)

 コロナとデング熱の決定的な違いは「発疹と出血」だという。発熱とともに充血したり、赤い発疹が出たら、事前に受診可能か確認した上で、できるだけ早く病院へ。

 アフリカや東南アジアに出張に行く機会が多い通訳の男性が、その苦痛を明かした。

「コロナのデルタ株にもデング熱にも感染したことがありますが、デング熱の辛さはコロナの比じゃない。虫除けスプレーやクリーム、ジェルを顔や首にたっぷり塗って帽子を被ることをお勧めします」

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫