女子アナ

鷲見玲奈が「エキストラ潜入」で近づいた超人気俳優への激ヤバな「告白」

 出演者たちが「憧れの芸能人」というテーマでトークを繰り広げる。

 6月5日に放送されたバラエティー番組「ドーナツトーク」(CBCテレビ)がそれだった。出演者のひとり、フリーアナの鷲見玲奈はここで、とんでもない発言を繰り広げたのである。

「私、ずっと山田孝之さんが大好きで。いちばんハマッたのが大学時代だったと思うんですけど。私、芸能事務所に当時入ってて、エキストラに応募して会いに行きました。好きすぎて…」

 すると共演のハライチ・岩井勇気が、即ツッコミ。

「いちばんヤバい奴じゃん! やばっ!」

 ヒコロヒーも同様に、

「ちょっとやり方が痛いかもしれへんけど…」

 他の出演者をドン引きさせながらも、鷲見の告白は止まらない。

「本当は話しかけちゃいけないんですけど、遠くのほうから『好きです』って言って…」

 ここで水野美紀が我慢できずにツッコミを入れる。

「ヤバイ、ヤバイ、ヤバイ。(現場にそんな人がいたら)こっそりスタッフに伝える。『ちょっとヤバイ子がいるから』って」

 要するに、業界では鷲見の行為はエキストラとしては「通報レベル」だったことになるのだ。

 まさかの告白に、山田の反応はどうだったのかといえば「あ…ありがとうございます」と、気まずそうに感謝の気持ちを伝えてきたのだとか。

 こんな肉食すぎる鷲見について解説するのは、ベテランの芸能ライターである。

「フリー転身後、マッチングアプリを使用したなど、男性関係のネタが尽きません。以前放送されたバラエティー番組では中学時代のモテモテぶりを披露し、もらったラブレターを保管しておく専用ボックスがあったという話もしていましたから、自信はあったのでしょう。ですから、視聴者からも『あわよくば山田孝之をモノにできると思っていた可能性がある』『有名になってからも狙っていたかも』など様々なツッコミが入りましたね」

 鷲見曰く、山田が結婚してからは熱が冷めていったというのだが、はたして…。

(小机かをる)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
樋口可南子が不貞発覚で放った「芸能史に残る名言」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
「風呂に入らない」「下世話な収入と貯金話」堂々とぶっちゃける…夢も希望もない「アイドルの庶民化」にはゲンナリだ!