芸能

木村拓哉「未来への10カウント」最終回ヒヤヒヤ及第点は「井上尚弥の衝撃TKOのおかげ」

 木村拓哉が主演のドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の最終回が6月9日に放送され、平均視聴率13.1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を記録。瞬間最大視聴率も16.1%と15%超えを果たし、関係者は胸を撫で下ろしているという。

 木村の2年ぶりの主演連ドラということもあり、当然ながら注目を浴びたが、フタを開けてみれば、初回から11.8%と暗雲が垂れ込める展開に。第3話で9.9%、第4話で9.6%と急降下し、木村主演の連ドラとしては初めて1ケタ台を刻むという、不名誉な記録まで作ってしまった。テレビ誌ライターが内情を明かす。

「揚げ句に5月23日には『フライデーデジタル』が打ち切り説まで報道。撮影現場のテンションもダダ下がりの状態になったようですが、木村が差し入れなどでスタッフや共演者とのコミュケーションを図り、懸命に盛り上げていたようです。結果、15分拡大の最終回でようやく、全話最高となる及第点を出すことができた。おそらく木村が主演でなければ、目も当てられない数字で終わっていた可能性はありますね」

 ただ、その最終回においては他の要素も視聴率アップに貢献したとの見方もあるとして、テレビ誌ライターが続ける。

「最終回が放送された2日前の6月7日、さいたまスーパーアリーナでボクシングの世界バンタム級3団体王座統一戦が行われました。その試合で井上尚弥が衝撃的なTKO勝ちを収めて話題をさらったことが、ボクシングドラマ『未来への─』に少なからず影響を与えたのではないかと思われます」

 そんな運を持っている限り、木村の「視聴率男」ぶりは、まだまだ健在なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」