スポーツ

立浪政権が「禁じ手」に打って出る!「中日に清原入閣」が現実のものとなる「特殊な理由」

 セ・リーグの最下位に転落した中日が来季、「清原和博入閣」という「禁じ手」に打って出る可能性が高まっている。

 セ・パ交流戦での成績もパッとせず、ついにリーグ最下位に転落した立浪中日。シーズン前は、待望のミスタードラゴンズの監督復帰で、ファンの期待は大きかった。

 だが、ダメ虎にも追い抜かれる体たらくに、早くもストーブリーグに突入の気配が漂っている。

 その第1弾と目されているのが、清原氏の打撃コーチ就任である。開幕当初は中村紀洋が1軍打撃コーチを、波留敏夫が2軍打撃コーチを務めていたが、交流戦開幕直前の5月23日、両者を入れ替える配置転換が行われた。

 広いバンテリンドームナゴヤの利点を生かし、単打や小技を駆使した、いわゆる「スモールベースボール」を目指す立浪監督に対し、1発にこだわる中村紀洋コーチが指導法を巡って対立したことが原因だと言われている。球団OBは、

「立浪監督は、味方の時は頼りになる人間。ところが、一度関係が悪くなると、修復が難しいタイプ。ある意味、亡くなった星野仙一監督に似ている」

 立浪監督は現役時代、NPB史上1位の487二塁打を記録。史上8位となる2480安打を放っており、その打撃理論には自信を持っている。その立浪監督を黙らせるほどの打撃理論、実績を持ち、関係が深い野球人は、PL学園の2年先輩である清原氏しかいない。

 これまで刑事事件を起こして球界に復帰した現役選手や球界OBは、ほとんどいない。

 記憶に残るのは、91年オフに幼女に対する連続事件を起こして逮捕された、中山裕章氏ぐらいだ。不起訴や起訴猶予にこそなったが大洋(現・DeNA)を解雇。それが選手として復帰したのが、中日だった。

 当時、この事件を取材していた記者が振り返る。

「彼を守れるチームは中日しかなかった。他のチームに入団すれば、地元のマスコミが騒ぐ。でも名古屋は中日新聞王国。本人への雑音は大幅にカットできた。それが奏功して野球に専念でき、再び球界で活躍できたと思う」

 薬物事件を起こして執行猶予にはなったが、清原氏が古巣の西武、巨人、オリックスで指導者として復帰すれば、観客動員に結びつく。ただ、逆にマスコミの格好の餌食にもなる。球団にとっては、まさに禁じ手の類いだ。

 だが、周囲に強権発動できる中日は別。清原氏の来季の入閣が現実味を帯びてくる。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション