スポーツ

立浪政権が「禁じ手」に打って出る!「中日に清原入閣」が現実のものとなる「特殊な理由」

 セ・リーグの最下位に転落した中日が来季、「清原和博入閣」という「禁じ手」に打って出る可能性が高まっている。

 セ・パ交流戦での成績もパッとせず、ついにリーグ最下位に転落した立浪中日。シーズン前は、待望のミスタードラゴンズの監督復帰で、ファンの期待は大きかった。

 だが、ダメ虎にも追い抜かれる体たらくに、早くもストーブリーグに突入の気配が漂っている。

 その第1弾と目されているのが、清原氏の打撃コーチ就任である。開幕当初は中村紀洋が1軍打撃コーチを、波留敏夫が2軍打撃コーチを務めていたが、交流戦開幕直前の5月23日、両者を入れ替える配置転換が行われた。

 広いバンテリンドームナゴヤの利点を生かし、単打や小技を駆使した、いわゆる「スモールベースボール」を目指す立浪監督に対し、1発にこだわる中村紀洋コーチが指導法を巡って対立したことが原因だと言われている。球団OBは、

「立浪監督は、味方の時は頼りになる人間。ところが、一度関係が悪くなると、修復が難しいタイプ。ある意味、亡くなった星野仙一監督に似ている」

 立浪監督は現役時代、NPB史上1位の487二塁打を記録。史上8位となる2480安打を放っており、その打撃理論には自信を持っている。その立浪監督を黙らせるほどの打撃理論、実績を持ち、関係が深い野球人は、PL学園の2年先輩である清原氏しかいない。

 これまで刑事事件を起こして球界に復帰した現役選手や球界OBは、ほとんどいない。

 記憶に残るのは、91年オフに幼女に対する連続事件を起こして逮捕された、中山裕章氏ぐらいだ。不起訴や起訴猶予にこそなったが大洋(現・DeNA)を解雇。それが選手として復帰したのが、中日だった。

 当時、この事件を取材していた記者が振り返る。

「彼を守れるチームは中日しかなかった。他のチームに入団すれば、地元のマスコミが騒ぐ。でも名古屋は中日新聞王国。本人への雑音は大幅にカットできた。それが奏功して野球に専念でき、再び球界で活躍できたと思う」

 薬物事件を起こして執行猶予にはなったが、清原氏が古巣の西武、巨人、オリックスで指導者として復帰すれば、観客動員に結びつく。ただ、逆にマスコミの格好の餌食にもなる。球団にとっては、まさに禁じ手の類いだ。

 だが、周囲に強権発動できる中日は別。清原氏の来季の入閣が現実味を帯びてくる。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感