スポーツ

錦織圭が明かす野球が苦手な爆笑理由と「実はプロサッカー選手になりたかった」

 男子プロテニスプレイヤー・錦織圭のトークスキルに、米大リーグでも活躍した元巨人・上原浩治氏が負けん気を見せて悔しがる──そんなひと幕があったのは、上原氏のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉だった(7月1日)。

 この動画に出演した錦織は、子供の頃には野球経験もあったと言いながらこう振り返った。

「ボクが野球する時に困ったのが、(テニスの場合)来たボール全部打ち返さないといけない。ボール球を見逃せない…」

 この「笑撃発言」に対して上原氏が、

「来たボール全部打っちゃうから?」

 とウケると、アシスタントのフリーアナ・上田まりえは「打たなくてもいいのに、手が出ちゃう?」と大爆笑。

 上原氏は「圭ちゃん持ってる!」と自身の右腕を左手で叩き、錦織のトークスキルを称賛したのだった。

 しかしながら、ここで終わらないのが上原氏。

「ちょっと悔しいな。負けてられへん!」

 持ち前の負けん気は衰えることを知らないようだ。

 錦織は他にも、実はサッカーのほうが好きで、サッカーがうまければプロサッカー選手を目指していたといった貴重な話も告白していた。

 また、2014年9月、全米オープンで準優勝し、帰国した際、「ノドグロとかあったら食べたい」と発言したことで、ノドグロの価格が一気に値上がったこともあったと、ただでさえ高級の部類に入る魚が、さらに庶民の手から遠ざかってしまった過去を回想したのだった。

 もっとも、錦織の地元、島根県では、ノドグロは「当たり前のようにスーパーにあります。東京に比べたら値段も安いんです」とも明かされたのだが…。

 今後も錦織の天然トークは聞き漏らせないのである。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」