社会

ナニ! 若い男性に梅毒が増えている!?

 昔の病気と思われていた“梅毒”が右肩上がりに増えているという。現行の統計法になった2000年以降、初めて1000人を上回った。しかも25~39歳の若年層での感染が目立つ。患者の多くは男性同士の性的接触が原因だというが。

 かつては不治の病と言われた梅毒。15世紀後半コロンブスがアメリカ大陸からヨーロッパに持ち帰り広まったことはよく知られている。大航海時代ということもあり、ヨーロッパへの伝播からわずか20年でほぼ地球を一周。わが国でも、古くは戦国武将の加藤清正などをはじめとして、これまで多くの人々が梅毒で亡くなっている。

「梅毒とは梅毒トレポネーマ菌が皮膚や粘膜の傷口などから侵入することでかかる感染症。皮膚が赤くなったり、リンパ節が腫れたりすることから始まり、進行すると脳や神経が侵され死に至る」(国立感染症研究所)

 その感染経路の多くは性行為。現在ではペニシリンを中心とする抗生物質によりほぼ完治する。「最大の予防はコンドームを使用すること」(国立感染症研究所)だが、口、傷口からも菌は浸入する。心配な向きは病院、もしくは自己検査キットを使ってのこまめな検査をお勧めしたい。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!