芸能

悪評ドラマ「テッパチ!」がもしも「トップガン」をとことん真似て「ベッドシーン」まで作っていたら…

 この夏ドラマ「テッパチ!」(フジテレビ系)は、陸上自衛官になるために集った若者たちの成長ぶりを描いた作品だった。9月14日に最終回を迎えているが、視聴率は低迷し、オリコンの満足度ランキングも10位圏外が続いた。

 SNSでも賛否というより、批判の方が圧倒的に多かった。警察も自衛隊も「国家の治安を守る」という、根底にある立場は同じなのだろうが、自衛隊組織の背景にあるのが、戦争と切り離すことができない、という現実。この原稿を書くこと自体が「右寄り、左寄り」といった思想問題や、憲法9条のあり方にまで発展してしまいかねない。そういった意味では、非常に扱いづらいテーマであると、改めて実感させられた。エンタメライターが言う。

「このドラマは、トム・クルーズ主演のハリウッド映画『トップガン』(86年)をベースにしているのでは、と言われました。『トップガン』の続編『トップガン マーヴェリック』は5月下旬に公開後、いまだロングラン上映中。9月16日からは、その第1、第2シリーズを一度に鑑賞できる特別上映まで始まり、本家は絶好調。1作目では、アメリカ海軍のパイロットに従事するマーヴェリック(トム・クルーズ)の迫力ある飛行シーンに加え、友の死や教官との恋などが描かれています」

 翻って「テッパチ!」はどうだったか。ドラマライターが、あとを引き取って論評する。

「脚本は第1部(1~6話)では、本田陸朗氏と関えり香氏、諸橋隼人氏が交代で書いていました。しかし初っ端から、男性陣のシャワーシーンに批判の声が続出した。結局、そのシーンは少しずつ尺が短くなり、3話以降からは全く登場しなくなって…。もともと既定路線だったのか定かではありませんが、第2部(全11話のうちの7話)からは、関氏が一貫して脚本を担当していました。木村拓哉主演のドラマ『教場』(フジテレビ系)のようにもっと硬派に作るべき、という声も少なくありませんでしたが、あくまで群像劇を中心とした展開を貫いていた。災害時の救済シーンなどを多用して、自衛隊を美化しすぎることで、これまたいろいろな憶測が生まれてしまうことを避けたのかもしれません」

 3話以降、世帯視聴率は4%台にとどまる一方で、TVerではドラマランキング1位に躍り出ていた。同時間帯に放送されていた「家庭教師のトラコ」(日本テレビ系)は、1位になったことはない。誤解を恐れずに言えば、政治にはまるで興味がないし選挙にも行かない、「ニッチな人たち」に支えられていたのかと。

 最終話のラストでは、フジテレビお得意の主演・町田啓太とヒロイン・白石麻衣の、キスシーンが登場した。これこそ「トップガン」をまね、「悪ふざけが過ぎる!」という大炎上覚悟で、ベッド上での絡みまで作っていたら、それはそれで見逃し配信サービスなどでの視聴回数がぐ~んと伸びたかもしれない。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ヤクルト・高津臣吾監督が頭を悩ます山田哲人「年俸5億円の大スランプ」と「三塁コンバート」
2
ロッテ・佐々木朗希「日本ハムに3対1の電撃トレード」謎の投稿が激論に!【2024年5月BEST】
3
【不可解】メッツ・藤浪晋太郎バッチリ投げているのに「60日間の負傷者リスト入り」の手切れ金放出
4
アメリカで今も大真面目に議論される「知的生物ヒト型爬虫類」が人間をマインドコントロール説
5
JR「青春18きっぷ」に異常事態!夏の発売が危うい「リミット」は6月20日