芸能

女優・エッセイスト・歌手・YouTuber…杏はなぜこんなにも「多才」なのか?

 女優・杏のYouTubeが大人気だ。父・渡辺謙との「初共演」を見せるなど話題作りにも余念がなく、『【謙&杏】親子で料理をしました』と題されたこの回は、なんと1000万回を超える再生数を記録している。

「YouTuber・杏」としても十分な存在感を示しているのだが、そんな彼女が、現在はフランスと日本を行き来しながら女優を続けているのは周知の通り。だが、今年7月から国連WFP親善大使に任命されたこともあり、今後は女優だけでなく「文化人」としても活動するのでは、と言われている。

「杏は、以前より女性誌などで、読書好きとして本特集での取材を受けることがよくありました。エッセイ本『杏のふむふむ』(筑摩書房)など、共著も含め、すでに数冊の本も上梓しています。数年後には『エッセイスト』の肩書が増えているかもしれません」(芸能記者)

 ラジオパーソナリティとしても長年活動していたため、今まで以上にナレーターやナビゲーターといった「声」の仕事も噂される。さらに、

「10月14日公開予定のジブリ映画の実写版『耳をすませば』では、杏が主題歌『翼をください』を歌っています。過去にはアルバムを出したこともあり、以前から『ギターの弾き語りも上手い』と評判だったため、音楽活動を増やしていくことも選択肢のひとつでしょう。3人の子育てを優先させて、ドラマや映画など女優としての活動を年1本程度に抑えたとしても、仕事は安泰でしょう」(前出・芸能記者)

 好感度も以前にも増して上がっているため、CM出演のオファーも絶えないと言われる。

「中山美穂は、フランスで子育て優先の生活を送っていた際には、女性誌『LEE』(集英社)で、日々の雑記のような連載をしていました。また、フリーアナの雨宮塔子も、渡仏して現地の大学で西洋美術を学んでいた時に、定期的にアート&歴史関連の大型特番でのMCを担当していました。彼女も雑誌媒体を中心として数本の連載を持っており、主に現地での滞在記のエッセイ本を約10冊ほど出版しています。いずれ、杏も女性誌などで連載を持つことになるかもしれませんね」(女性誌記者)

 今のところ杏の失敗は夫選びだけ!? だが、それ以外では順風満帆、前途洋々なのである。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」