スポーツ

「背番号10はもはや阿部慎之助ではなく中田翔!」徳光和夫が驚嘆した「巨人4番の実力と人気」

 8月11日、長らく主砲を務めていた岡本和真に代わり、4番の座に昇格した巨人・中田翔。勝負強く、かつチームのためにと4番でありながら繋ぐ野球に徹している姿は、ファンにも好感されている。

 9月21日の対DeNA戦では、2対1で迎えた6回にプロ2度目となる犠打を決めており、「調子の良い中田になぜ犠打を?」と、原辰徳監督の采配を疑問視する声があがる一方で、中田のチームバッティングにファンの評価は高まった。

 そんな中、巨人党で知られるフリーアナ・徳光和夫が、東京ドームでの練習中に中田を呼び止めた。9月22日のYouTubeチャンネル〈徳光和夫の人生ジャイアンツ【日テレジータス公式】〉では、その際の両者のやりとりが公開されている。

 徳光が感心した様子でこう話す。

「ジャイアンツグッズの売り場へ昨日行ってきたんですけど、背番号10番、売れてますね。むちゃくちゃ売れてましたよ。列を作ってましたもんね。その人たちと話したんですけど、背番号10番って、やっぱりもう、阿部慎之助から中田翔に変わったなと、お世辞じゃなくて、どうもそんな感じですよ」

 これに中田は、

「いやいやいや、まだまだですけど…。本当ですか?」

 と苦笑しながら謙遜するのだった。

 巨人の背番号「10」の変遷を見ると、張本勲(76‐79年)、駒田徳広(88‐93年)、広澤克実(97‐99年)、阿部慎之助(01‐19年)と名打者が並び、昨季途中から中田が受け継いだ。

 シーズンはCS進出をかけた終盤だ。チームバッティングもいいが、背番号「10」を背負った中田の、火を吹くような打撃をもっと見せてもらいたいものだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」
5
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ