芸能

高島礼子がまさかの代役で勝負に挑み…ファンを歓喜させる「お約束のむんむんシーン」

 高島礼子がまさかの代役を務めることが、明らかになった。太川陽介に代わって「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」(テレビ東京系)で、バスチームのリーダーとして勝負に挑むのだ。

 同番組では、太川たちバスチームはローカル路線バスだけ、村井美樹が率いる鉄道チームは鉄道だけを利用して、目的地を目指す。すでに12回が放送されている、人気シリーズだ。今回、メインの太川がなぜ欠席したのか、理由は明らかにされていない。

 自ら「バス旅のプロ」を名乗る太川はこの「乗り継ぎ対決旅」で、キラリと光る乗り継ぎ術を披露してきた。それだけに、高島に代役が務まるのかと、心配の声が上がっている。テレビ誌記者も不安を感じないわけにはいかないといい、

「高島が起用されたのは、太川と『BINGO対決旅』で戦っているからでしょう。この旅はバスの乗り継ぎ術はあまり重要ではなく、相手の行動を読むことが肝要です。高島の乗り継ぎ術は、いまひとつ。鉄道チームの圧勝ということにもなりかねません」

 そんな不安の声を歓喜に変える、ファン垂涎の演出があるかもしれない、という。テレビ誌記者が続けて、

「テレ東旅番組のお約束といえば、温泉です。これまでも多くの美女が、柔肌を晒してきました。中には大女優もいます。今回、太川のためにも絶対に勝ちたい高島は、温泉ミッションがあれば、自ら率先して入ってくれるのではないでしょうか」

 放送は10月12日の「水バラ」にて。高島の艶姿を想像すると、ワクワク感が止まらない…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒