芸能

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(6)新人だった国広富之が受けた“大映ドラマの洗礼”

20140522l

 秋野暢子と同じく、デビュー間もない国広富之も“大映ドラマの洗礼”を受けている。

「視聴者はゴハンを食べながら観ているんだから、セリフは大きな声ではっきり、しっかり、あえぎながら。それでも足りなかったら目薬でも入れなさい」

 プロデューサーからの過剰な注文である。国広は山田太一原作の傑作ドラマ「岸辺のアルバム」(77年)で注目され、その直後に百恵の相手役として「赤い絆」(77年)に抜擢される。

「デビュー作はVTRだったから、フィルムはこれが初めて。VTRはマルチで撮るけど、フィルムは片方だけ撮って次という感じだったのでとまどいました」

 さらに人気絶頂の百恵のスケジュールである。いったん撮影を中断し、ヒット曲を持って「夜のヒットスタジオ」などの歌番組に出演。それを終えて深夜から撮影が再開となる。それが週に2回や3回はザラだったと国広は振り返る。

「そんな忙しさでも百恵ちゃんは笑顔を絶やさない。それでいてキャメラが回り出すと、とたんに愁いを帯びた表情ができる。セリフだって、いつ覚えられるんだろうと感心するくらい完璧でした」

 まだ新人だった国広にとって、黄金コンビだった三浦友和に代わっての恋人役である。そのプレッシャーは、しかし感じるヒマもないくらい撮影に没頭したという。

 好評を得た国広は、続く「赤い激突」でも重要な役でシリーズに連続登板を果たす。

「海外ロケが決まると、その直前までは撮影スケジュールが立て込んできます。最長で50時間以上もの連続ロケがあり、照明スタッフがライトを当てたまま下に落っこちたり、監督が眠っちゃって『カット!』の声がいつまでもかからないなんてこともありました」

 座長格の宇津井には、先日のお別れの会で水谷豊が弔辞を読んだのと同じように、俳優として多くのことを学んだ。控え室でも常にバーベルを上げ下げしていたり、乗馬クラブで見せられた「日本一の投げ縄の技術」などは、自身が時代劇に出演した際に役立った。

 そして国広は、同じ大映ドラマでもイメージをガラリと変えた「噂の刑事トミーとマツ」(79年)で、さらに支持を拡大させた。

「赤いシリーズでも台本をもらうことが楽しみでした。複雑なストーリーで目が離せなかったけど、そこに政治や社会的なテーマを織り込んであって、むさぼるように読んでいました」

 山口百恵や宇津井健を中心とした「赤いシリーズ」の炎は、今なおアジア各国に飛び火し、燃えさかっているのである。

〈文中敬称略、了〉

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!