芸能

「絶対、忘れない」ローリング・ストーンズを唖然とさせたThe Yellow Monkeyの一大転換/日本音楽シーン「名作裏面史」

 バンド結成記念日となる12月28日、日本武道館でデビュー30周年イヤーを締めくくる。その「Debut 30th Anniversary THE YELLOW MONKEY SUPER FAN PARTY 1228」を開催するのは、The Yellow Monkeyだ。

 89年に元アークポリスの吉井和哉が中心にとなって結成されたバンドは12月28日に、渋谷「ラ・ママ」に出演。以降、12月28日はイエモン誕生の日として特別ライブが行われてきたが、今回はファンクラブ会員限定。デビュー時からの貴重なライブ映像上映のほか、メンバー着用のステージ衣装や使用楽器などの展示もあり、まさに、デビューから30年を共に過ごしてきたファンのために、感謝を込めた一夜になる予定だ。

 イエモンは91年7月、インディーレーベル「ENGINE」から「Bunched Birth」をリリース。翌92年、「Romanist Taste」でメジャーデビューを飾ることになる。ライブではマニアックな楽曲と劇場風のステージングでコアなファンをつかんでいたものの、メディアではマニアックなグラムバンド、さらにはビジュアル系バンドとして扱われることもしばしばだった。

 そんなイエモンが一転、一般リスナー受けするポピュラリズムに徹し、リリースしたアルバムが、チャートで初登場4位をマークした通算4枚目「Smile」(95年2月発売)だった。

 実はこの大幅な路線変更の裏には、思うような結果を見い出せず、メンバー、スタッフ間で「10万枚で終わるか、オリコン1位を目指すのか」という侃々諤々の末、メンバーが「オリコン1位を目指したい」という意志を表明。それにより、明確な方向性が決まったといわれている。

 そんなこともあり、同アルバムは、前作のような堅苦しいコンセプトや、マニアック志向の「密室性」は一切なし。代わって60~70年代のハードロックを源流としながらも、よりポップ感が前面に出る作りに仕上がっていた。

 結果、この方向転換が功を奏し、4月に行われた日本武道館公演も、チケットは即日完売。11月に発売された5枚目のアルバム「Four Seasons」は、念願のオリコン初登場1位を記録した。イエモンは名実ともに、日本を代表するバンドとしての地位を確立することになる。

 余談だが、「黄色いサル」というネーミングを聞いたローリング・ストーンズのメンバーは「すげぇ名前だな。絶対、忘れない」と唖然としたという。洋楽へのコンプレックを武器に、日本人が持って生まれた世界観を見事に体現したアルバム。それが、この「Smile」だったのである。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点