芸能

元Wink鈴木早智子「報道陣たった20人」のシラケた質疑応答/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

 当然のことだが、記者会見に集まる報道陣の数は、そこで扱われる「ネタ」の大きさや、登場人物の知名度により左右される。つまり、そのどちらもがない場合は、事前にいくらリリースを出しても、報道関係者が大挙して詰めかける、などいうことはない。

 09年9月26日に行われた、元Winkの「さっちん」こと鈴木早智子の主演映画「宿命」の製作発表記者会見は、まさにそんなセオリーを地で行く、しかし、一世を風靡した当時を知るものとしては、なんとも寂しいものだった。

 Winkは80年代後半にデビューし、「淋しい熱帯魚」などのヒットで知られる相田翔子と鈴木のデュオ。96年にグループとしての活動を休止後、相田は医師と結婚。一方、鈴木は舞台や写真集などを活動の主軸としてきたが、09年3月に睡眠薬の過剰摂取による救急搬入騒ぎを起こし、7月にはイベントをドタキャンするなどのトラブルが報じられていた。

 さらに9月、芸能人専門レーベルとして知られていた「MUTEKI」から「September Shock」と題する艶ビデオを発売。そこそこ話題性はある、と思われていたのだが、記者会見がセットされた会場は、渋谷のこじんまりとしたライブハウス「ギルティ」だった。

 しかも、集まった報道陣は私を含め、20人ほど。会見が始まる前には最新写真集「one track memories」のサイン会もあったのだが、告知が間に合わなかったのだろうか、会場に集まったファンはわずか10人程度で…。

 そんな中、楽器やアンプなどが雑然と置かれたステージに登場した彼女は、共演者の津田英佑とパイプ椅子にちょこんと座り、午後4時15分、会見がスタートした。

 今回の映画での彼女の役柄は、おとり捜査を行う「麻薬捜査官」。鈴木はすでにドラマ「特命係長只野仁」(テレビ朝日系)でも2度のベッドシーンを披露しており、この日もステージ上に貼られた主演映画のポスターは、透けたワンピース姿。当然、報道陣からは「映画の中でもカラミのシーンがあるのですか」との質問が飛ぶ。

 ところが彼女は「それはお楽しみ。あるかもしれないし、ないかもしれない…ウフフ」と、あいまいな受け答えに終始。シラけムードのまま、以降はほとんど質問らしい質問も出ず、司会者の「ほかに何かありませんか」という声もむなしく、会見は30分ほどで終了した。

 主演映画のPRにしては、なんとも歯切れの悪い製作発表会見となってしまったのである。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」