芸能

NHK大河「どうする家康」ヒロイン有村架純はバカ殿・松本潤に口説かれて…

 NHK大河「どうする家康」が、開始早々の崖っぷちに立たされている。乗馬シーンなどCGを多用した演出に早くも脱落者が続出。しかも、主演俳優が共演女優に首ったけで‥‥。

 初回視聴率15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)は歴代大河ワースト2位という低空飛行だ。

 芸能デスクが解説する。

「今回の大河では、江戸300年の太平の礎を築いた知略の将軍・徳川家康というイメージを覆し、松本潤(39)が演じるのは“弱虫家康”。第1話『どうする桶狭間』で、師と仰ぐ今川義元(野村萬斎)が首を獲られ、窮地に立たされると、まさかの敵前逃亡。『もうイヤじゃあ~』と泣き叫ぶ情けないシーンが描かれました」

 頼りない家康でも、松本はヤル気満々だという。

「大河初主演の指名を受けた松本は、ダメ家康が合戦などのさまざまな岐路で悩んで決断し、そのたびに成長していく物語だと、台本以上に腑抜けなバカ殿・家康を演じようと心掛けたそうです。それでも初回では、人形遊びや鬼ごっこに興じるシーンがありましたが、さすがに40歳近い松潤が10代を演じるのはムリがあった。子役を使うべきでした」(前出・芸能デスク)

 この奇をてらった演出以上に大河ファンに冷や水を浴びせたのが、大河ドラマの見どころとなる合戦シーンでのCG演出だった。

「ゲームのような風景に強い違和感を感じる。どうにかして家康」「馬乗りシーンにCGが多用され安っぽい。もうギブアップ」などと、ネットを中心に拒否反応が出る始末なのだ。

 18日に行われたNHKメディア総局長の会見では、「時代劇を撮影するロケーションについては年々、条件が厳しくなっている」と弁明するばかり。

 一方、高評価を受けているのがこちらも大河初出演の有村架純(29)だ。

「家康の幼馴染で、最初の結婚相手となる瀬名役を演じている。頼りない夫を戦場に送り出す愛情豊かな妻役が好評です」(前出・芸能デスク)

 有村の撮影中の様子を芸能プロ関係者が明かす。

「普段の架純ちゃんは、撮影時以外はいつもスイッチオフ。役柄に集中しているのか1人でボーッとしていることが多く、共演者と打ち解けることは少ない。そのため、隙あらばと狙って近づく共演者はことごとく討ち死にし、『架純ちゃんと仲よくなれなかった』とコボしているほど。ところが、今回の大河では常に松潤とツーショット。撮影中だけでなく、休憩中も2人が熱心に話している姿があちこちで目撃されている」

 過去には映画「ナラタージュ」(東宝、アスミック・エース)でシャワー濡れ場を演じたただならぬ関係の2人だけに、ひょっとして‥‥。

「実は最初に2人が共演したドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ系)から、松潤はプレゼント攻勢でアプローチするほどのホレ込みぶりだった。架純ちゃんは撮影中の2月に30歳の誕生日を迎える適齢期です。松潤の猛アタックで今度こそ堕ちてしまうかも‥‥」(前出・芸能プロ関係者)

 演技よりも目先の色恋に邁進している場合ではないだろう。鳴くまで待っていては、視聴率は好転しない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感