スポーツ

「清原化」する阪神・佐藤輝明にアレ流・岡田監督が抱える「不満」

 これは「第二の清原」化か──。

 サイズアップしてキャンプインした阪神・佐藤輝明に、懸念の声が出ている。

 阪神の沖縄キャンプを取材する在阪テレビ局関係者は、巨大化した佐藤の肉体に驚きを隠さない。

「昨年までは公称187センチ、94キロでしたが、肉体改造でひと回り大きくなったことは、本人も認めている。完全に100キロオーバーですね」

 阪神に入団して以降、その飛距離は常々、注目を浴びてきた。口うるさい猛虎OBも、佐藤の打撃練習には、

「もう天性のものと言うしかない。あそこまで飛距離を出せる選手は、そうはいない。フリー打撃で金が取れる」

 と手放しで称賛しているのだ。

 だが試合になれば、話は別。バットに当たらなければ、スタンドインすることは絶対にない。しかも、飛距離100メートルでも130メートルでも、ホームランはホームラン。これまで以上にパワーを付けて飛距離アップを狙う意味はどこにあるのか。

 長年、プロ野球を取材するベテラン記者が、警鐘を鳴らす。

「晩年の清原和博も、過剰なウエートトレーニングで体を大きくして、失敗した。肉体改造で体重を増やしたことで持病のヒザに負担がかかり、本来の打撃ができず、結局は選手寿命を自ら縮めることになったわけです。過剰な肉体改造をした佐藤は、それと同じ危険性をはらんでいる」

 ソフトバンクの柳田悠岐と自主トレを行い、柳田流の、ポイントを後ろに置いた打撃に挑戦していることで、岡田彰布監督以下、首脳陣は不満を抱いているという。

「岡田監督はポイントを前に置く打撃を求めていますからね。秋季キャンプでは三塁の守備にもダメ出しされている。故障でもすることになれば、見限られるのは時間の問題でしょう。最近、人間が丸くなったといわれる岡田監督ですが、自らの野球理論には絶対の自信を持っており、それから逸脱することは許さない人ですからね」(在阪スポーツ紙デスク)

 過去、素材は一級品と呼ばれながら開花することなく、球界を去った選手は多い。清原氏並みの成績を残した後ならまだしも、このまま終わってしまうことがないよう祈りたい。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
降格人事の舞台裏…巨人・原辰徳監督が「桑田真澄ファーム総監督」の功績をバッサリ斬り捨てた
2
阪神・佐藤輝明に大物OBが断言した岡本和真・村上宗隆との「決定的な違い」
3
あの絶対的エース痛恨!プロ野球「連続開幕投手記録」を阻止したのは「落合博満」と「余計なひと言」だった
4
京都で花見旅行パニック!地元住民が頭を抱える「オーバーツーリズム」ひどい現場
5
スカートの奥が見えそうな超ミニ&子供と女装外出…ryuchellの「新しいカタチ」がどうにも不評なワケ