芸能

アルピニスト野口健と登山家の美人娘が展開する「登山漫才」が秀逸すぎて…

 アルピニストの野口健と、その娘で登山家の野口絵子が、2月13日放送の「ぽかぽか」(フジテレビ系)に揃って出演すると、さながら父娘漫才のごときやりとりを展開した。

 番組冒頭の「ぽいぽいトーク」のコーナーに登場した2人は、親子での生放送は初めてだとして、健は「つい先週くらいまで、一緒にヒマラヤにいたので。(お台場との)ギャップで高山病にかかりそう」と早速、ひとネタ振って笑わせるなど、舌好調だ。

 続いて、登山の荷物を健が整理せずに何でも入れてしまうことについて、絵子が迷惑していると明かすと、健は「それは一種の高山病だからね」と返して出演者を笑いに包む。

 健は続いて、娘の遭難を心配する妻から「遭難するならアンタだけにして」と言われたことを告白し、「うちのカミさんは僕に生命保険17社かけている。そんだけかけているから、ヒマラヤに行け行けと背中を押す」と続けて爆笑させたのである。

 さらにエベレストに登頂した際には、妻に「他の女性とデートさせて」と言ったとする問題発言について、「あれは高山病」とボケて娘を苦笑させた。テレビ誌記者が言う。

「2人は主に登山や親子関係についてトークしたのですが、娘が何か言うと、父がボケるという具合に、終始笑いの絶えない時間になりました。時には死と隣り合わせの登山の厳しさをシリアスに語る場面もあるのですが、ボケトークとの高低差が、まさに登山漫才として機能しているのかも。父娘にありがちな意見の違いなどがあっても、あるいは父が下ネタに走ってもおかしな空気にはならず、終始笑いに変えている様を見ていると、スタジオが求める反応を絵子がちゃんと理解しているのがすごいと思いましたね。ルックスも抜群ですし、絵子はかなりテレビ向きのキャラクターかもしれません」

 登山の資質だけでなく、トークのスキルも父のDNAをしっかり受け継いでいる美女登山家に要注目だ。

(石見剣)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
2
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
3
「青春18きっぷ」夏季用がようやく発売でも消えない「冬季販売中止」の不穏な背景
4
「山口組のキッシンジャー」が体現した哲学! ヤクザの「平和共存」は方便などではなかった
5
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」