芸能

太川陽介VS河井郁人「2.22決戦」で起こる「番組史上初の大事件」とは

 2月22日放送の「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦」(テレビ東京系)で、とんでもないことが起きるようだ。番組の公式サイトで予告動画が公開され、「番組史上初の大事件」と告知。視聴者の興味をアオりにアオっているのである。

 かねてより同番組の予告は「ここまで必要か」と思えるほどアオる傾向があったが、「番組史上初」となれば、さすがに気になって仕方がない。さっそく「大事件」が何かと、予想合戦が始まった。

 さまざまな「アクシデント」が予想されたが、答えは早くもひとつに絞られつつある。その大事件は「どちらかのチームが制限時間内にゴールできない」ではないかというのだ。

 太川陽介が登場する別のテレ東バス旅シリーズ「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」の第12弾で、村井美樹率いる鉄道チームが時間内にゴールできなかったこともある。今回の「陣取り合戦」で、これが初めて起こるのではないかというのだ。

 その理由を、テレビ誌記者が解説する。

「『陣取り合戦』では、これまでスタート地点とゴールは別の地域でした。そしてゴールに向かいながら、市町村ごとに決められた名所・名物を堪能して、取った『陣』の数を競ったのですが、今回はスタートとゴールが同じ高崎市内になっている。高崎を出発して陣取りをし、また高崎に戻ってこないといけないわけですが、どこまで足を延ばしていいのか、判断が難しい」

 もうひとつ、今回加わった「新ルール」も、大事件が起きる要因に挙げられている。それは「群馬県内の『村』を陣取りすると2ポイント」となる「村ボーナス」。ただ、陣取りができるのは2日目の朝8時以降、という制約がある。

「このルールによって、こんな結果が予想できます。2日目の朝、劣勢のチームが一発逆転を狙って、村の陣取りに向かいます。成功して2ポイントを稼いだものの、村はバスの本数が少なく、制限時間までに高崎に戻れなかった…。そんなミスをしそうなのは太川と河合郁人のどちらなのか。『バス旅のプロ』を名乗る太川ですが、最近は凡ミスが目立つので、もしかすると…」(前出・テレビ誌記者)

 予告動画に陣を数えるシーンがないのも「やはり…」と思わせるポイント。いずれにせよ、衝撃の結末が訪れることは間違いなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」