政治

26歳・史上最年少の芦屋市長「灘高⇒東大⇒ハーバード大」秀才脳を作った「雑談ノートのとり方」

 史上最年少記録を更新だ。26歳2カ月にして兵庫県芦屋市の市長選挙で初当選した、高島崚輔氏のことである。

 高橋氏は最難関校として知られる灘中学・高校の出身で、東京大学を経てハーバード大卒業という、輝かしい経歴の持ち主だ。兄弟も高学歴で、次男の弟は偏差値70超の甲陽学院中学・高校を卒業し、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学に在学中。三男は灘高3年で生徒会長だという。

 親が教育本を出版すればバカ売れしそうだが、高島氏は4月25日放送の「おはよう朝日です」(ABCテレビ)に生出演し、勉強法について触れていた。

 なんと、親から「勉強しなさい」と言われことがないというのだ。学力を高めるのに役立ったことを聞かれると「絵本の読み聞かせですかね」と言い、1日に50冊ぐらい母親に読んでもらっていたと振り返った。

 高校時代は授業でとったノートの評判が良く、「ノートの神様」とまで呼ばれた。テスト前には借りに来る同級生が多かったという。

 高島氏曰く、オススメのノートのとり方は「先生の雑談を書く」とのこと。ページの4分の3で板書をし、残り4分の1で雑談をメモしていたといい、

「雑談の方が覚えてるじゃないですか。で、雑談から本筋を思い出すじゃないですか。なので雑談を書いていました」

 と説明している。

 選挙戦では、動画配信アプリのTikTokで再生回数100万回超の動画を投稿するなど、新たなアピール法で支持を集めた高島氏。市政でも新風を巻き起こせるか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
横浜F・マリノスは間違えた!キューウェル監督の電撃解任で「来季も地獄」が確定
5
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!