芸能

佐々木希 2時間セリフなし

 モデルとしてトップに君臨し、タレントとして人気絶頂の佐々木希(23)。圧倒的なビジュアル支持の勢いを駆って本格ミステリードラマにも初出演を果たしたが、よもやの屈辱的扱いが待ち受けていたのである。

 11月5日放送のドラマ「火車」(テレビ朝日系)は宮部みゆき氏原作の傑作ミステリー。主演・上川隆也に続いて2番手に名前があがったのが佐々木だった。
 物語は、失踪した婚約相手の捜索を依頼された休職中の刑事(上川)が、その足跡を追ううちに、謎に包まれた美女の意外な事実が浮かび上がる─というミステリー。
 佐々木の初登場は婚約者の持っていた1枚の写真からである。写真の佐々木は目元ぱっちりで、いつもの美顔ながらドラマ設定が90年代というバブル期のせいか、ちょっとレトロな洋服と黒髪が深窓の令嬢風。
 ドラマ仕様の装いが次なる展開を期待させたが、最初の1時間は捜査のさきざきで、この写真が繰り返し登場するのみで、肝心の演技を見ようにもお預け状態なのである。
 待望の“動くのぞみん”が登場するのは、なんと開始から1時間半も過ぎた後半に入ってやっとだ。とはいえ、回想シーンだけにモノクロームで、しかも静止画のようにピクリとも動かず、横顔が映るだけというありさまなのである。
 そのあとも仲居として働く場面や、図書館で熱心に調べものをするシーンなどが登場するが、クライマックスに近づいているのに、依然として佐々木のセリフは皆無。 そして、2時間押し迫っての番組終了間際に、待望のカラー動画で銀座の街を歩く佐々木が登場した。ミニスカからのぞくすらりとした美脚と、背中がぱっくり開いたピンクのワンピースがまぶしい。
 待ち合わせ場所に着いたところで刑事に呼び止められた。振り向きざまに目をカッと見開く。いよいよ初めてのセリフを口にするかのように、唇を半開きに開けたのだ。せきを切ったようにしゃべりだすかと思いきや、まさかドラマは終了のエンドロール。そりゃないっしょ。準主役が最後までセリフなしとは‥‥。
 芸能評論家の三杉武氏が解説する。
「そもそも佐々木の演技力に問題があった。去年、主演を張った『土俵ガール』(TBS系)での棒読み演技がドラマ界でそっぽを向かれた原因です。CMやバラエティは多数こなしても、女優としては無言演技が精いっぱいでしょう。もっとも、今後も謎の美女という役柄であれば、このうえない適任です」
 女優・のぞみんは「2時間ドラマの裏女王」として安泰か!?

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?