芸能

市川猿之助 ワイドショーが報じない「無理心中」までのハラスメント呪縛(2)猿之助の名跡に泥を塗った

 それにしてもなぜここまで、猿之助一家は追い込まれる羽目になったのか。

「自死を図った原因は、事件当日に発売された女性週刊誌のスキャンダル記事と考えるのが自然でしょう。内容的には、スタッフや共演者に対するかなり過激な性的ハラスメントやパワハラで、地方興行では猿之助の部屋に呼び出された挙句、キスをされたり、ベッドで横に寝ろと命じられたケースが紹介されている。酒を飲むと下半身を好き勝手にされる、といった告発も掲載。中にはこれを拒否した人物に対して、役から外すという証言まであった。猿之助本人への直撃では『答える義務はありません』とだけ話していましたが、5月16日に猿之助を見かけた人物が言うには、珍しく伏し目がちで、いつもは張りのある声でする挨拶にも元気がなかったのだと。よほどハラスメント騒動を気にかけていたのは間違いありません」(スポーツ紙芸能担当記者)

 梨園関係者があとを引き取る。

「もともと歌舞伎界というのは、限られた役者とスタッフによって舞台が作られている世界だけに、ハラスメントに対する認識が世間とかけ離れている点は見逃せません。ただ、今回の記事だけで、猿之助がここまでの事件を起こすとは考えにくい。やはり、先代の名跡の重圧があったのかもしれません」

 かつて歌舞伎界で猿之助率いる澤瀉屋(おもだかや)は、傍流的なポジションだった。ところが先代の3代目猿之助は、奔放なアイデアと実行力で澤瀉屋一座の地位を一気に高めた、中興の祖ともいえる存在。そのカリスマ性は今も伝説として、語りぐさとなっている。

「3代目猿之助は現代的な演出の嚆矢である『スーパー歌舞伎』を86年に初演。猿之助一座を率い、歌舞伎の範疇を超えた人気ぶりで一世を風靡しました。ところがゼロ年代に入ると、後継者問題が浮上します。きっかけは03年の、3代目の脳梗塞です。まだ働き盛りの猿之助が倒れて、一座にとっては大きな問題となった。当初、その後継者の最右翼と目された市川右近は梨園出身でないことに加え、血縁を重視する歌舞伎界の慣習から、亀治郎に白羽の矢が立った。05年に、亀治郎と父の段四郎さんが一座を離脱して、存在感を誇示します。その一方で、母親の喜熨斗(きのし)延子さんが3代目の介護にあたるなど、家族が亀治郎の4代目襲名に向けて、全面的にバックアップしてきた経緯がある。それだけに、猿之助という名跡に泥を塗ったのが許せなかったのでは」(芸能記者)

 22年に発覚した香川照之の銀座ホステスへの性加害スキャンダルに続いて、今回の痛ましい事件。澤瀉屋は存亡の危機をどう乗り越えるのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
4
キャンプ地で阪神のハッピを着て歩き回り…大阪テレビ局にセ・リーグ球団から大ブーイング
5
新たな火ダネに…ソフトバンク・山川穂高が逆転弾で見せた「どすこいポーズ」の嫌悪感