芸能

朝日が酷評キムタク「南極大陸」

 22・2%→13・2%。
 木村拓哉(39)主演ドラマ「南極大陸」(TBS系)の第1回視聴率と第5回視聴率である。“キムタク神話崩壊”などとメディアでも取り上げられているが、とりわけ舌鋒鋭かったのが、かの朝日新聞だ。11月5日夕刊の「放送記者座談会」とした記事がそれである。
「チームを描く群像劇のはずが、木村拓哉の話になってる」「キムタクのPVみたい」「なぜ南極を目指すのか、時代背景の実感がない」とまあ、言いたい放題なのだ。芸能記者が語る。
「芸能欄が多いスポーツ紙はジャニーズから“接待”を受けていますが、朝日新聞ではそれはありません。また、関係の深いテレビ朝日系のドラマではないことも要因でしょう」
 では、なぜここまで視聴率が下がり、コキ下ろされているのだろうか。「言いたいことはいっぱいある」という、本誌連載でもおなじみの今井舞氏が語る。
「決定的なのは話の展開が物凄く遅いこと。『今日は火事がありました』『今日はブリザードが来ました』『今日は山に登りました』っていうブログとかツイッターで済んじゃうような話を薄めて1時間に延ばしているだけ。視聴者は高倉健の『南極物語』(東宝)を知ってるんですよ。結末はわかっているんです。そのうえでの物語展開をしっかり作るべきなのに、それが全然できていない」
 キムタクについても、今井氏はこう分析する。
「彼は今までいろんな役をやってきましたよね。最近では総理大臣やって、ヤマトで宇宙行って、『じゃあ、次は南極行きますか?』っていうふうにしか見えない。シチュエーションにこだわらないとダメみたいな悪循環に陥っている。私はもともとキムタク好きじゃないですが、『HERO』(01年/フジテレビ系)とか好きでした。要は、キャストで見るんじゃなくて、おもしろいから見るっていう当たり前のことを作り手は忘れてるのかと」
「南極大陸」のキャストには今が旬と言っていい役者がズラリと並ぶ。綾瀬はるか、芦田愛菜、香川照之、堺雅人、寺島進‥‥。
「いい役者がいるのに、それぞれの人間ドラマが全然描かれていないから、ドラマに入り込めない。綾瀬はるかにいたっては、彼女を入れたいがために作られたドラマに必要ない役柄。お参りして、お祈りしてシクシク泣くだけ」(今井氏)
 4月に「マルモのおきて」(フジ系)で大ブレイクした芦田愛菜に関しては、こんな話もある。
「ドラマのクランクインは今年2月。その時はまだブレイク前だったので、出番は少なめでしたが、芦田のブレイク後は、わざわざシーンを追加撮影して終盤に順次織り込んでいくようです。キムタク以外の俳優陣や登場する犬などの熱演ぶりは好評ですので、後半は視聴率を盛り返すかもしれません」(前出・芸能記者)
 ウラを返せば、キムタクの演技は犬にも及ばないということか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手