芸能

ガーシー砲で炎上した元グラドルが語った「バラエティー番組で暴露話がなくなる」

 6月4日にドバイから強制送還され、成田空港で逮捕されたガーシーこと東谷義和容疑者には、YouTube動画で数々の著名人の暴露を繰り返した常習的脅迫の疑いがかけられている。その暴露騒動に巻き込まれる形になったのは、元グラドルで会社経営者の関口実々花さんだ。

 今年2月、ガーシー容疑者の生配信で脅され、インスタグラムの投稿では「頭悪いにも程があるわ 見た目ばっかに金かけて改造せんと頭のアップロードせーよ」「お前も完全に喧嘩売んねんな」などと貶められたというのである。

 その後、投稿は削除されたものの、彼女のインスタグラムのアカウントには、ガーシー容疑者に心酔した信者たちから、いまだに誹謗中傷のDMが届くそうだ。そんな彼女が、ガーシー逮捕で思うこととは何か。本人を直撃すると、

「今まで、あれだけのビッグネームの俳優さんや歌手の暴露をした人って、出てこなかったじゃないですか。私に関する暴露は全くの事実無根でしたけど、それまではガーシーさんって、信憑性のないものは発信しないスタイルを貫いていた人だったんですよ。だから彼が表に出てきた当初は『面白いYouTuberが出てきたな』って、視聴者も暴露を楽しみにして盛り上がっていたじゃないですか。世間の人たちも、彼をヒーローみたいに持ち上げすぎてしまった部分は反省すべきなのかなと思います」

 さらに言うには、

「ガーシーさんが逮捕されたことで、今後の芸能界が変わってくるんじゃないですかね」

 と語る。その理由を聞けば、

「よくバラエティー番組とかで、元有名アイドルグループの女の子なんかが売れなくなって、当時のエピソードを暴露していますよね。だけど今回のことがあって、視聴者は暴露話に嫌悪感を抱いているでしょうし、下手したら名誉毀損になりかねない。かといって、放送できない部分を全てピー音で消して、実名も出さないんじゃ面白くない。今後はそんな暴露話の需要は減っていくと思います。まぁ、ガーシーさんほどインパクトのある暴露話を持っているタレントさんはいないかもしれませんが。どこにでもいるきさくな普通のおじさんが、たった数カ月で登録者100万人超えのYouTuberになって、ヒーロー扱いされてしまう。ネットって便利だけど、怖い面もありますよね」

 これまで暴露話で稼いでいた売れないタレントたちは、明日は我が身と、戦々恐々としているかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】