スポーツ

落合博満のキッパリ「不要」に高木豊が反論したバンテリンドーム「ホームランテラス」は必要か

 以前から中日ファンの間で論議を呼んでいるのが、本拠地バンテリンドームのホームランテラス導入問題。

 昨季、セ・リーグ最下位に終わった中日の課題は得点力不足とされ、チーム本塁打数もリーグ最低の62本だった。立浪和義監督は昨年9月、ホームランテラス導入についての質問に「ぜひそうしていただきたいなと思います」と返答。OBや関係者にも賛同者は多いようだが、これまで具体的な動きはない。

 中日は今季の本塁打数もリーグでダントツ最下位となっているが、先ごろ「サンデースポーツ」(NHK)に出演した落合博満氏は、視聴者の質問に答えるコーナーでホームランテラスについて聞かれると、

「オレ的には作らない方がいいと思います」

 とキッパリ。その理由を、中日の本塁打数が増える代わりに相手も増えるのでリスクが大きいとした。さらに、中日でホームランを打てるバッターを育てるか、外国人を連れて来たほうが手っ取り早いと提言している。

 一方、野球評論家の高木豊氏は自身のYouTubeチャンネルでホームランテラス設置問題について言及した際、基本的には「賛成」の立場を取っている。

 高木氏はそこで落合氏の意見について触れ、

「育てたほうが早いというか、そんな選手いないもん。あんなところでホームランを打とうとすると体バラバラになっちゃうよ」

 として、外国人にしても、現在メジャーでは本塁打で試合が決まる確率が高くホームランバッターは重宝されるため、日本に来るような選手はもう残っていないと指摘。

「ホームランって野球の華だし、ドラマが生まれるのはホームランが圧倒的に多い。俺はテラスを作ったほうがいいと思う」

 と語り、ホームランテラス無しでいくのであれば、打率2割8分で本塁打10本程度、その代わりに20盗塁する選手を揃えたチームを目指すべきとしていた。

 最終的にはフロントの考え方次第だが、中日の低迷が続いている間は議論は収まらないだろう。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
2
2026年WBC「ピッチクロック採用」に猛反対する日本球界の交換条件は「大谷翔平DHルール」
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
5
今江敏晃監督の「超冷酷采配と大バクチ」で一気に浮上した楽天に「ひとりカヤの外」の男