芸能

「ケンシロウによろしく」ドラマ化で松田龍平&西野七瀬のキャスティングに「待った」

 ジャスミン・ギュ原作の漫画「ケンシロウによろしく」の連続ドラマが、9月22日からDMM TVで独占配信される。先ごろ、都内で行われた「『ケンシロウによろしく』#DMM TVまつり~Originai Content Lineup~」に関和亮監督他出演者が登壇し、YouTubeチャンネル〈voice-ヴォイス〉で会見の模様が披露されたのだが、キャスティングに不安を覚える原作ファンの声が相次いでいる。エンタメ誌ライターが言う。

「この作品は、1980年代の若者を魅了し、全世界累計発行部数1億部を突破した人気漫画『北斗の拳』のパロディーです。とある人物への復讐のために、愛読書『北斗の拳』から暗殺拳を学び、屈強な体格に。なのに、なぜか史上最強の凄腕マッサージ師になってしまった男の半生を描く、爆笑必至のコメディーです。お笑いタレントのバカリズムが『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で取り上げた縁もあり、脚本を担当することに。多彩な才能を発揮するバカリズムも、漫画原作の実写化は初めてのようです」

 主人公の沼倉孝一を演じるのは、松田龍平だ。指圧師を目指すも夜は性サービス店で働くヒロイン・坂本里香を、元乃木坂46の西野七瀬が演じる。

「沼倉は設定身長191センチ。対する松田は183センチです。及第点と言える身長差かもしれませんが、原作を知るファンは、身長189センチでマッチョな印象が強い阿部寛をイメージしたのではないでしょうか。沼倉の設定年齢はおおよそ40歳で、この点は松田と合致しますが、『阿部寛が若かったらな~』といった声も。一方、西野が演じる里香は性サービス店で働く設定からも、なかなか豊かな肢体です。元アイドルでスリムな西野がどこまで限界に挑めるか、どこまで演技力でカバーするのかが見ものです」(前出・エンタメ誌ライター)

 先の会見では「何が正解なんですかね」と現場で試行錯誤を繰り返している様子を吐露した西野だが、原作同様、痛快な笑いを届けてもらいたい。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
3
藤吉久美子が「バス旅に出たい」衝撃宣言!夫・太川陽介には秘密だった「蛭子能収との約束」
4
「100%幽霊が出るからやめておけ」現地民がおののく観光地「ベトナム大量拷問死」施設
5
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】