スポーツ

DeNAが阪神・岡田彰布監督の激怒事件「煽りまくり映像」を作って「遺恨対決」に仕立て上げた

 まだまだ怒りは収まっていない。阪神の岡田彰布監督のことである。8月18日のDeNA戦で審判の判定に激高して詰め寄り、その後も会見を拒否。一夜明けた19日は仕切り直すとみられたが、さにあらず。試合直前に本塁前で三浦大輔監督を交えた先発メンバー表の交換後、普段なら審判団4人と握手を交わすはずだったが、これを拒否したのだ。

 怒りの根源となった問題の試合を振り返ろう。9回一死から佐藤輝明が右前打で出塁すると、すぐさま代走に俊足の熊谷敬宥を送る。続く代打・糸原健斗のカウント1ストライク2ボールからの4球目、判定はボールで熊谷はそのまま二盗を試みるも、DeNAの京田陽太がベース前を足でふさいで体をぶつける格好でこれを阻止。判定はセーフになったが、三浦監督のリクエストによるリプレー検証の結果、審判団が「走塁妨害でもないためアウト」と覆ったのだ。

 これに岡田監督が説明を求めて猛抗議。試合後に大噴火したのである。待ち構える報道陣に「しゃべることなんかないわ。もうええわ!」と言い放ち、会見を拒否したのだった。

 阪神ファンもこの騒動を引きずったままだ。19日のスタメン発表時には、6番ファーストで京田の名前がコールされると、レフトスタンドの阪神ファンを中心に、大きなブーイングが沸き起こる。審判団の紹介では敷田直人審判の名前が紹介された際、再び場内が大荒れに。

 いや、実はDeNAサイドも、これに「加担」していた。球団制作の中継映像では、京田が打席に入るたびにブーイングが飛んだが、これをわざわざ球場を俯瞰した映像に切り替えて紹介。さらには騒動があった二塁ベースや、代走で京田と交錯した熊谷がベンチで戦況を見つめる様子をアップで映し出した。球界関係者が言う。

「中継を制作しているのは委託先のTBSですが、明らかに両球団の対立構造を煽っている。これをDeNAは許容している格好です。6月、岡田監督にイベントをコキ下ろされたことを根に持っているようですね」

 試合中のイベントが長すぎることに岡田監督が「野球と関係ないものが多すぎる」と複数回、苦言を呈したことを指しているのだが、こうなったらもう「遺恨マッチ」として売り出すほかないのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え