スポーツ

大谷翔平「エンゼルスで飼い殺し」を打破する「イチローの進言でマリナーズにFA移籍」急浮上

 今さら言ってもしょうがないが…。

 エンゼルス・大谷翔平の右肘側副靱帯断裂の悲報に「8月1日までにトレードしていたら…」という思いがよぎる。というのも、大谷の健康管理について、米メディアからエンゼルスに非難の声が挙がっているからだ。

 アメリカのスポーツ専門放送局「FOXスポーツ」のアナリスト、ベン・バーランダー氏は大谷の右肘負傷の速報に「吐き気がする」と吐き捨てた上で、

「エンゼルスはショウヘイを裏切り、ファンを裏切り、MLBを裏切ったんだ」

 と、大谷起用法と管理体制に怒りを露わにした。

 バーランダー氏は「彼が疲労や痙攣がありながらも出場を続けて、数カ月が経つ」とエ軍の怠慢を指摘。ただでさえ今年は3月開催のWBCから体を酷使してきた大谷を、「なおエ」の負け試合でも休ませることはなかった。バーランダー氏の怒りは収まらない。

「そのたびに球団からは『疲労だ』と伝えられてきた。違う。彼の体は我々の目の前でボロボロになっていたんだ」

「誰でも見れば分かったことだ! もし疲労だけだとしても、なぜ中5、6日で登板させ続けるんだ! 回復させる時間を彼に与えないと」

 NYデイリーニューズ紙は悲嘆にくれている。

「ダブルヘッダーに連敗し、試合後に大谷とトラウトの故障を発表。エンゼルスのここ8~9年間を象徴している。ここまでくれば、怒りは通り越した。怒るのにはもう慣れっこだ。とにかく悲しい」

 トラウトと大谷を擁しながらア・リーグ西地区4位に沈んだ上に、球界の至宝2人を故障させた球団フロントの罪は重い。

 早くも米メディアでは「リスク回避傾向が強いドジャースは大谷争奪戦から撤退か」とする推測記事まで出た。トラウトの再びの故障者リスト入りに加え、大谷自身も今季、本塁打王だけでも獲得するために「指名打者枠」でのチーム帯同を、エンゼルスは早々に発表している。

 が、今シーズンオフ、2度目のトミー・ジョン手術を受けることになれば、大谷が二刀流に復帰するのは早くても、31歳になる2年後。FA権行使も厳しくなった。このまま「エンゼルスに飼い殺しにされる」最悪のシナリオだけは回避しなければならない。

 そこで浮上するのが、イチローが会長付特別補佐兼インストラクターに就任するシアトル・マリナーズだ。かつては任天堂がオーナーで、2002年に右肘の遊離軟骨除去手術を受けた佐々木主浩も在籍していた。今年のオールスター開催地であるシアトルの観客が「We Want Shohei」と大合唱したのは記憶に新しい。岩手出身の大谷にとって、8月の最高気温29度のロサンゼルスより、最高気温22度のシアトルの方が過ごしやすいだろう。

 今シーズンオフ、イチローの進言で「マリナーズにFA移籍」できれば、日米ファンは胸をなでおろすのでは…。

(那須優子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること