スポーツ

大谷翔平の手術報告に反応した糸井嘉男の「英語メッセージ」が驚かれた理由

 エンゼルスの大谷翔平選手が9月20日、インスタグラムで右肘の手術を受けたことを報告。無事に成功したという。大谷はそこで、

「不本意ながらシーズン途中でチームを離れることになりましたが残り試合のチームの勝利を祈りつつ、自分自身一日でも早くグラウンドに戻れるように頑張ります」

 とコメント。英語でも同じ内容の文章をアップしていた。

 これに多くのファンと選手たちがコメントを寄せているが、元プロ野球選手で現在は野球解説者の糸井嘉男氏もその1人。糸井氏は、

「We believe in you and are waiting for you. Thank you for an inspiring 2023 season!」(私たちはあなたを信じて待っている。2023年シーズン、感動をありがとう!)とメッセージを送った。すると糸井氏が英語を使ったことに、驚きの声が上がったのである。エンタメライターの話。

「糸井氏といえば天然キャラで知られ、『右中間』を『宇宙間』と勘違いするなど、日本語さえぶっ飛んでいるときがある(笑)。英語について本人は『得意』とは言っていますが、ベース上での外国人との会話を明かした際、相手に『ナイスバッティング』と言われたところを『今日はハピネス!』などと返しており、単に勢いだけ。そんな彼が大マジメに正確な英語でメッセージを送ったことが、ファンにとっては意外だったようです」

 糸井は、かつてチームメイトだったレッドソックスの吉田正尚に頼んでまでして大谷のサインボールをもらい、自宅に飾っているという。現役時代は敵だったが、今は一ファンとして心底応援しているのだろう。

(鈴木誠)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談