スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ローシャムパークが直線一気」

 今週は中山で産経賞オールカマー、阪神では神戸新聞杯がメインとして行われる。ともにGⅡ戦で、オールカマーは天皇賞・秋の前哨戦(1着馬に優先出走権が与えられる)で、神戸新聞杯は菊花賞のトライアルレース(3着馬までに優先出走権)。秋のGⅠシリーズを見据えて目が離せない重要な一戦だ。

 オールカマーは出走頭数が少ないながらも、昨年の覇者で、ここを踏み台にエリザベス女王杯をモノにしたジェラルディーナ、天皇賞・春で競走中止の憂き目にあい、そこからの復権を期するタイトルホルダーを筆頭として、力が確かな顔ぶれによる争い。馬券的にもおもしろそうだ。

 ただし、過去のデータからは、比較的順当に収まっていることがわかる。

 02年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単による万馬券は4回(馬連は1回)。この間、1番人気馬は6勝(2着6回)、2番人気馬は4勝(2着4回)というものだが、1、2番人気馬によるワンツー決着はゼロ。簡単な決着はなく、有力どころのいずれかを本命視したなら、そこから人気薄の馬の何頭かに手広く流すことが馬券戦術になるだろう。

 年齢的には出走頭数の多さもあるが、5歳馬が7勝(2着9回)とよく連対を果たしている。6歳馬もよく頑張っていて5勝(2着5回)を挙げているが、やはり怖いのは充実ぶりをみせる4歳馬。7勝(2着7回)のうち、連絡みの半数は斤量的な恩恵もあるのか、牝馬だ。想定段階では4歳の牝馬はいないが、もし出走してくるようなら軽視は禁物である。

 悩むところだが、今年はその4歳馬のローシャムパークをイチオシしたい。昇級初戦となった前走の函館記念で重賞初勝利。ハンデ戦で56キロの斤量を背負ったが、直線一気の豪脚で、2着馬に2馬身もの差をつける快勝劇を演じたのだから、ホメられていいだろう。

 ここまで9戦して〈5 2 1 1〉と馬券圏外に敗れたのはスピカS(3勝クラス)の5着のみ。とにかく一戦ごと力をつけて、強くなったという印象だ。

「ひ弱さが消えて、使われつつたくましくなっているのは確か。まだ成長する余地は十分ある」

 とは、田中博調教師をはじめ、厩舎スタッフが口をそろえるところ。

 曾祖母が女傑エアグルーヴ(オークス、天皇賞・秋)で、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯連覇)、ドゥラメンテ(皐月賞、ダービー)など近親、一族に活躍馬がキラ星のごとくいる良血。この中間も順調で、ノビシロが期待できるとあっては、期待しないわけにはいかない。

 穴は5歳牝馬のマリアエレーナだ。前走の小倉記念は2カ月ぶりの実戦で、前走比マイナス2キロの体重ながら、やや余裕残しの状態で4着だった。しかし、この中間は実にいい雰囲気で、稽古の動きも目立っている。中山は初めてになるが、器用で自在性がある脚質だけに合わないわけはない。一発があっていい。

 一方の神戸新聞杯は、昨年、12番人気のヤマニンゼストが2着に入って3連単45万円の大荒れとなったが、これは例外中の例外。

 過去21年間での馬単万馬券は昨年を合わせて2回のみ。1番人気馬は12勝(2着4回)、2番人気馬は3勝(2着4回)と、まずは順当に収まっている。

 ここはナイトインロンドンに注目したい。未勝利戦から目下3連勝中で、母の父がメジロマックイーン(菊花賞や天皇賞・春などGⅠ4勝)でわかるようにスタミナは満点。レースセンスが光る馬で、ここは3着以内に入って本番の出走権をしっかり手中に収めたいところだ。

 穴中の穴は、体質が強くなって本格化の兆しがうかがえるスマートファントムである。ジャガーメイル(天皇賞・春)が一族にいる血筋で、距離が延びるのは歓迎だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
3
ドジャース・山本由伸「重傷離脱」でメジャー球団がロッテ・佐々木朗希獲りから撤退する「シビアな評価」
4
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」