スポーツ

来季「中日・清原和博ヘッドコーチ」衝撃報道!立浪監督の「暴走阻止役」失敗なら今季以上の地獄になる

 清原和博氏の来季ヘッドコーチ就任報道に、中日ナインはことのほか喜んでいるという。一部スポーツ紙が9月20日付の紙面で「貧打解消へ劇薬プラン」と報じたのだ。中日の親会社である中日新聞、中日スポーツの記事ではない。球団関係者の一部が観測気球的な意味合いでリークした側面もあるのだが「これでチームの風通しがよくなり、少しはまともになるはず」という声が出ているのも事実だ。スポーツ紙遊軍記者が言う。

「別に清原氏の打撃理論が歓迎されているわけではありません。ただ、清原氏なら独裁者と化した立浪和義監督の抑止力になってくれるはず、との期待感からです。今や立浪監督の独断専行を止められるのは、PL学園の先輩である清原氏ぐらいですからね」

 昨年、今年と春季キャンプには立浪監督の要望で、清原氏が「臨時コーチ」として招聘され、指導した経緯もある。

 現役時代からコワモテで知られる清原氏だが、高校時代から取材するスポーツライターが言うには、

「薬物に走ったことでも分かるように、本来は気の弱い性格で、目上の人間には逆らえない。その逆に年下、後輩にはめっぽう強い。選手がおだてれば、不満を代弁してくれるのは間違いない」

 ただ、リスクは間違いなくある。仮に立浪監督の援護に回った場合、他の首脳陣やナインは、今季まで以上の地獄を見るハメになるからだ。

「清原氏がヘッドコーチになった場合、今の首脳陣で対等に口をきけるのは、シニアリーグ時代から顔なじみで同学年の西山秀二バッテリーコーチだけ。他のコーチでは対等に話せない。恐怖が2倍になる可能性もあります」(前出・遊軍記者)

 来季も開幕からチームが不振を極めれば、立浪監督が途中休養し、「清原ヘッドコーチ」が監督代行を担うケースが出てくるかもしれない。その場合、勝率が上がるかどうかは別として、興行的にプラスになるのは間違いない。

 清原氏の役割は、客寄せパンダの意味合いが強いということなのか。加藤宏幸球団代表は清原氏の招聘について「そのような事実はありません」と否定したが、中日がどこまでチーム再建を考えているのか、疑わしい。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題